• TOP
  • ザガーロの効果や特徴は?入手方法やジェネリック医薬品もご紹介!

ザガーロの効果や特徴は?入手方法やジェネリック医薬品もご紹介!

ザガーロとは

ザガーロとは、AGA(男性型脱毛症)治療に使われる薬です。
同じ効果を持つAGA治療薬のプロペシアより効果が強いとされています。
しかしその分、副作用も強いため、服用には注意しなければなりません。

ザガーロの効果

AGAの背景には、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが影響しています。
DHTの作用によって髪の毛は満足に成長できず、ハリとコシを失います。
これが薄毛・脱毛の原因です。

ザガーロは、このDHTの数を減らすことでAGAの発症を抑えます。
そして弱った髪の毛は自然に回復し、ハリとコシを取り戻します。
これがザガーロの主な効果です。

逆に言えばザガーロはAGAの原因を抑え込むだけで、髪の毛の成長と発毛を直接促す効果はありません。
そのため直接的な成長・発毛効果を得るには、ミノキシジルという薬と併用するのが効果的です。

ミノキシジルとの飲み合わせ

ザガーロはミノキシジルと併用することで、より強い効果を発揮します。

ミノキシジルは、以下の効果によって成長と発毛を促進する薬です。
・血管拡張効果
・毛母細胞の活性化

■血管拡張効果
髪の毛の成長には栄養の補給が必要です。
また栄養は血流に乗って送り届けられます。
ミノキシジルは血管を拡げることで栄養の通り道を確保し、髪の毛の成長を促します。

■毛母細胞の活性化
毛母細胞は、自ら分裂と増殖をすることで髪の毛を作り出す細胞です。
ミノキシジルは毛母細胞に分裂・増殖を指示する因子を増やすことで、発毛を促進します。

以上のようにミノキシジルには成長と発毛を促す効果はありますが、AGAの原因であるDHTを抑制する効果はありません。
ザガーロもまた、DHT抑制効果はありますが直接的な増毛効果はありません。

そこで、これら2つの薬を併用することで、より効果的に薄毛・脱毛を治療することができるのです。

ザガーロの特徴

ザガーロは、似たような作用を持つAGA治療薬プロペシアと比べて高い効果を誇ります。
それは、プロペシアが対応できない範囲もカバーしているからです。

そもそもAGAは、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが頭皮の細胞と結合することで発症します。
DHTの作用によって髪の毛が十分に成長できなくなり、ハリとコシが失われることで薄毛・脱毛が進行するのです。

そしてこのDHTを産生するのが、5αリダクターゼⅡ型という酵素です。
精巣より分泌されたテストステロンという男性ホルモンを変換することで、5αリダクターゼⅡ型はDHTを生み出します。

ザガーロとプロペシアには、この5αリダクターゼⅡ型の働きを抑え込む作用があります。
5αリダクターゼⅡ型を阻害することで間接的にDHTの数を減らし、AGAの進行を抑えるのです。

以上がザガーロとプロペシアの主な働きです。

そしてザガーロの特徴は、5αリダクターゼのⅡ型だけでなくⅠ型にも対応している点です。

Ⅱ型の活動場所は前頭部(生え際)と頭頂部がほとんどです。
対してⅠ型は側頭部や後頭部に多く存在しています。

つまりⅡ型にしか効果のないプロペシアと違い、ザガーロは頭髪を全体的に治療できるのです。

ザガーロの副作用

ザガーロの副作用として一番多く報告されているのが、性機能の低下です。

性機能の低下には、性欲減退や勃起不全などが含まれます。
ザガーロは、AGAの原因である男性ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)の増加を抑える作用を持っています。
その効果で男性ホルモンが減少することで、性機能が低下するとされています。

2010年の臨床試験によれば、副作用が起こる確率は17.1%(557例中95件)とされています。
ザガーロと同じ作用を持つAGA治療薬プロペシアが0.5%(943例中5件)ですので、比較的副作用は起こりやすいです。
ですが17.1%には軽微な症状のものも多く含まれており、重い副作用はほぼ報告されていません。
そのため用法・用量を守れば安全な薬と言えます。

ザガーロの飲み方

ザガーロは1日1カプセル、毎日飲み続けるのが大切です。
服用のタイミングは決められていません。
朝食後や就寝前など、好きな時間に飲みましょう。

個人差はありますが、効果が表れるまでには半年ほどの期間を要します。

またザガーロは薬の効果が比較的長く体内に残ります。
そのため効果が出ないからと一度に2カプセル以上飲んでしまうと、血中濃度が上がり、思わぬ副作用を招く恐れがあります。

ザガーロの注意点

ザガーロを飲む際に気を付けるべきは「併用禁忌」「併用注意」の薬です。
前者は「飲み合わせてはいけない薬」、後者は「飲み合わせに注意が必要な薬」を指します。
これらの約束事を破ると、思わぬ副作用を招く恐れがあり危険です。

ザガーロには「併用禁忌」「併用注意」とされる薬はあるのでしょうか。

併用禁忌

現在、ザガーロには併用禁忌とされる薬はありません。

併用注意

ザガーロの併用注意として報告されているのが、CYP3A4阻害作用を持った薬です。
水虫やカンジダの治療薬などには、このCYP3A4阻害作用が含まれています。

CYP3A4とは肝臓の代謝機能を担う酵素のひとつです。
ザガーロもこのCYP3A4の機能によって分解され血液に送り込まれます。
その機能が阻害されると、ザガーロはうまく分解されず血中濃度を上昇させます。
結果、腎機能の低下などの副作用を起こしかねません。

どうしても飲み合わせなければいけない場合は、事前にかかりつけの医師に相談して指示を仰ぎましょう。

その他

ザガーロは以下に当てはまる人については、服用または接触が禁じられています。
・未成年
・女性(特に妊婦、授乳中の方)

■未成年
ザガーロの未成年の服用は、安全性が確認されていません。
またザガーロの、DHTを抑制する作用には男性器の発達を妨げる恐れがあります。
そのため男性器の未発達な男児等が誤って飲み込まないよう、保管場所には注意しましょう。

■女性(特に妊婦、授乳中の方)
ザガーロが治療するAGAは、男性特有の病気です。
そのため女性には、ザガーロは効果がありません。

それに加え、上述したようにザガーロは男性器の発達に悪影響を及ぼす危険があります。
男の子を妊娠している女性がザガーロに触れると、成分が皮膚から吸収され、胎児の男性器が十分に育たなくなる恐れがあります。
また母乳に成分が入り込むと、それを飲む乳児にも影響を及ぼしかねません。

以上の理由から女性のザガーロの服用・接触は禁止されています。

ザガーロの入手方法

ザガーロは医療用医薬品(医師の処方箋がなければ貰えない薬)のため、ドラッグストアでは購入できません。
入手するには以下の方法をとる必要があります。
・医療機関で処方してもらう
・個人輸入による通販で取り寄せる

医療機関で処方

ザガーロを処方する医療機関とは主に以下の2つを指します。
・一般病院の皮膚科
・AGA専門クリニック

医療機関で処方してもらうメリットは、安全性が高いことです。

薬が処方されるには、医師の診断が必要です。
患者の体調やアレルギー、過去にかかった病気などを調べ、服用しても問題ないと判断されて初めて薬は処方されます。
副作用などのリスクを最大限考慮した上で処方されるため、安心安全に治療することができます。

デメリットは、治療費がかかることです。
特にAGA治療薬は保険が適用されないため、病院によっては1回で20000円前後の治療費が必要となります。

身の安全を考えれば、お金は惜しまないという方もいるかもしれません。
ですが、なるべくなら出費は抑えたいという方がほとんどだと思います。

そこでオススメなのが海外の通販サイトです。

個人輸入による通販

日本では病院でしか処方されない薬も、海外では市販薬として買えることがあります。
ザガーロも同様に、海外の通販サイトを利用して個人輸入をすれば、簡単に入手することができます。

個人輸入とは、外国の製品を個人が海外のメーカーなどから取り寄せることです。
本来、輸入には「取引相手との交渉」「税関での手続き」など面倒かつ専門的な作業が必要になります。
個人だけでそのような作業を行うのは大変です。
そのため大抵の場合は、業者に輸入手続きを代行してもらうことで、商品を取り寄せます。

個人輸入による通販のメリットは、お金と時間を節約できることです。
当然ですが個人輸入すれば病院に行く必要がありません。
高い治療費を払わずに済みますし、通院する手間も省けます。

また、ネット環境があれば時間や場所を問わず注文ができる手軽さも、メリットの一つです。

しかし個人輸入はメリットばかりではありません。
デメリットとして挙げられるのが、偽物の存在です。

ザガーロの偽物

海外の通販サイトの中には、偽物を売りつける悪質なサイトも存在します。
偽物は成分が全く含まれていなかったり、余計な添加物で水増しされていたりします。
中には必要以上に成分が含まれているものもあり、これを服用すると思わぬ副作用を招く可能性もあり危険です。

偽物を見分ける方法のひとつに、本物と見比べる方法があります。
ザガーロを製造販売しているグラクソ・スミスクライン社のホームページには、パッケージや包装シート、カプセルの外観写真が掲載されています。
もし色が違ったり印刷されている文字が異なる場合、偽物の可能性が高いです。

100%ではありませんが、これを知っておくことで偽物かどうかを判断する指針になります。

ザガーロのジェネリック

ジェネリックとは、先発薬(新薬)と同じ成分を持ちながら、先発薬より安値で販売されている薬のことです。

病院で処方されるザガーロは1カプセルあたり約333円と高価です。
ですがジェネリック医薬品を選ぶことで、その5分の1程度の値段で同等の効果を得ることができます。

デュタステリド錠

デュタステリド錠は日本の製薬会社が販売している、ザガーロのジェネリック医薬品です。
以下の通り、多くの製薬会社がデュタステリド錠を製造しています。
・デュタステリドカプセルAV「サワイ」(沢井製薬株式会社)
・デュタステリドカプセル0.5mgAV「トーワ」(東和薬品株式会社)
・デュタステリド錠0.5mgAV「NS」(日本ケミファ株式会社) など

いずれも2020年2月に製造販売承認を受けておりますが、販売開始日や価格は発表されていません(2020年5月現在)。
またAGA治療薬プロペシアの国内ジェネリックは病院でしか入手できません。
そのためデュタステリド錠も同じく病院での処方のみになると予想されます。

デュタボルブ

製造販売を手掛けるのはフィリピンの製薬会社ロイドラボラトリーズ社です。
ロイドラボラトリーズ社はAGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品や、ミノキシジルの内服薬も販売しています。

価格は1カプセルあたり約55円と、ザガーロの6分の1ほどの値段です。
1箱30カプセルから販売されているため、気軽に始めることができます。

デュタストロン

デュタストロンはインドの製薬会社レクメズ社が製造販売しています。
レクメズ社では現地の日本人スタッフが監修に入り、日本人の体質などに合わせた薬を開発しています。

デュタストロンの値段は1錠あたり70円(ザガーロの約5分の1)。
一部の医薬品通販サイトでは、発毛剤ミノキシジルとのセットで売られています。

デュタス

インドの製薬会社DRL社(Dr’s Reddy’s Laboratories)が製造販売しています。
DRL社は過去に日本の富士フィルムと業務提携を結んだ実績もあるため、信頼性の高い会社です。
1カプセルあたり84円(ザガーロの約4分の1)で販売されています。

デュプロスト

製造販売はインドの製薬会社シプラ社です。
シプラ社はAGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品のひとつ、フィンペシアの製造も手掛けています。
価格は1錠あたり66円(ザガーロの約5分の1)です。

デュタプロス

トルコの製薬会社コカックファルマが製造販売を手掛けています。
価格は1錠あたり68円(ザガーロの約5分の1)です。