• TOP
  • 抗生物質「クラビット」の特徴・効果・副作用は?ジェネリック医薬品も

抗生物質「クラビット」の特徴・効果・副作用は?ジェネリック医薬品も

クラビットとは

クラビットとは日本の第一三共が開発した抗生物質のひとつです。
主成分を「レボフロキサシン」といいます。
抗生物質には様々な種類がありますが、クラビットは「ニューキノロン系抗生物質」という種類に分類されます。

今回はクラビットとはどのような薬なのか、特徴や飲み方、注意点や入手方法についてお話しします。

クラビットの効果

抗生物質は、基本的に細菌の増殖を抑制する働きをします。
クラビットをはじめとするニューキノロン系抗生物質は、細菌が増殖するのに必要なDNA複製を阻害することにより殺菌的に作用します。

病原となる細菌等は、体内に入り込み増殖して炎症を起こし感染症を発症させます。
クラミジアの場合、病原菌が死滅すれば女性であれば不正出血やおりものの増加や下腹部痛など、男性であれば尿道から出る膿や不快感などの症状が治ります。
その他の感染症でも同様で、病原となる細菌等を死滅させることが治療になります。

クラビットは泌尿器科・婦人科・耳鼻科・皮膚科・呼吸器科・眼科・歯科など広い領域で感染症の治療薬として使われています。
クラミジアの治療にはジスロマックという薬が用いられることが多いですが、体質に合わない等の理由でクラビットが用いられることもあります。

クラビットの特徴

クラビットは比較的抗菌力が強く、病巣への移行もよいという特徴があります。
様々な感染症に有効とされており、幅広い領域で用いられているため知名度も高いです。
これを読んでいる人も一度は処方されたことがあるかもしれません。

クラビットはペニシリン系やセフェム系の抗生物質にアレルギーがある人でも使用可能であり、副作用も少ない抗生物質です。
広く使われてきた実績から、安全性も担保されていると考えられます。

クラビットは単回でなく長期で服用が必要な場合にとくに適しています。
剤形は錠剤のほかに細粒があり、眼科領域で用いられる点眼液も販売されています。

クラビットの副作用

クラビットの副作用は少ない方ですが、下痢や吐き気、発疹や蕁麻疹などの症状が表れる場合もあります。

その他、滅多にありませんがまれに起こる副作用です。

  • 吐き気、息苦しさ、冷や汗、手足のしびれ、蕁麻疹、全身赤くなる、顔やのどの腫れ、めまい、血圧低下、意識障害などアナフィラキシーの症状
  • 水ぶくれやただれなど皮膚や粘膜の症状
  • 痙攣
  • 不整脈
  • 尿が出ない・または少ない、濁った尿が出る、血尿、むくみなど腎臓の症状
  • 黄疸、食欲不振、茶褐色の尿が出るなど肝機能障害
  • 歯磨きで出血するなどの出血傾向、倦怠感、発熱、のどの痛みなど血液成分の異常からくる症状
  • 息切れ、息苦しさ、咳・痰などの肺機能障害
  • 横紋筋融解症からくる手足のしびれやこわばり、筋力低下、筋肉痛、歩行困難など
  • 下痢、腹痛、血便など大腸炎の症状
  • 低血糖
  • アキレス腱炎
  • 過敏性血管炎からくる発熱、腹痛、関節痛、青あざ、発疹
  • 脱力症状
  • せん妄

など

クラビットの飲み方

飲み方は症状や製剤によって多少違いしますが、通常1日1回、レボフロキサシンとして1回当たり500㎎を服用します。
1錠500㎎タイプのものであれば1錠、250㎎タイプのものであれば2錠というように調整します。
通常1日服用できるのは500㎎までです。
腸チフス、パラチフスの治療薬として服用する際はそれを14日間続けます。
また、クラミジアの治療で服用する際は7日~14日間服用します。途中でやめると耐性がついたり再発したりする恐れがあるので、14日間飲み続けることをおすすめします。
服用する時間は毎日同じ時間にしてください。
決まった時間に服用することで血中濃度が保たれます。

なお、早期に服用を開始することで症状の悪化を防止できます。

クラビットの注意点

クラビットを服用する際は以下のことに注意しましょう。

併用禁忌

クラビットは注意が必要な薬はありますが、現在併用を禁忌としている薬はありません。
ただし、過去に主成分レボフロキサシンにより過敏症を起こしたことがある人は服用を禁忌とされています。

併用注意

  • フルルビプロフェン等:フェニル酢酸またはプロピオン酸非ステロイド剤消炎鎮痛剤

…併用すると痙攣を引き起こしやすくなります。

  • アルミニウムもしくはマグネシウムを含む胃腸薬や鉄材

…同時に飲むとクラビットの効果が落ちてしまう恐れがあります。
 時間を1~2時間ほど開ければ服用できます。

  • ワルファリン:血液凝固阻止剤

…併用するとワルファリンの作用を増強させる可能性があります。

  • デラマニド等:抗結核剤

…併用すると不整脈(QT延長)を引き起こす恐れがあります。

  • プレドニゾロン、ヒドロコルチゾン等:副腎皮膚ホルモン剤

…併用するとアキレス腱障害が起こるリスクが高まる可能性があります。

その他

併用のほか、持病についても注意が必要です。
下記に当てはまる場合は服用について医師に相談することをおすすめします。

  • 高度の腎機能障害がある場合
  • てんかんなど痙攣性疾患の経験がある場合
  • クラビット以外であってもキノロン系の抗生物質に過敏症を起こしたことがある場合
  • 重篤な心疾患がある場合
  • 重症筋無力症である場合
  • 大動脈瘤や大動脈解離を合併している場合
  • 高齢者である場合

その他の注意事項として、薬を途中でやめるなど中途半端な服用の仕方はしないようにしてください。
感染症が治りにくくなったり再発したりする恐れがあります。

また、まれな副作用で意識障害を伴うことがあるので、車の運転などリスクがある機械の操作や高所での作業の際は念のため注意が必要です。

薬は直射日光と湿気を避けなるべく涼しい場所で保管してください。

クラビットの入手方法

クラビットは医薬品です。
医薬品は通常、医師による処方箋がなければ手にいれることができません。
しかし海外サイトから個人輸入という形であれば、自分で購入することができます。
つまり入手方法は【病院処方】か【通販(個人輸入)】の2つです。
それぞれのメリット・デメリットを考えてみましょう。

病院処方

病院処方の一番のメリットは、「医師の診察が受けられる」ことではないでしょうか。
医師の診察が受けられるということは、具体的にはこのようなメリットがあります。

  • 医師が必要と判断した薬を処方してもらえる
  • 不明点などを医師に質問、相談ができる
  • 想定外の病気を発見するきっかけになり得る

病院処方のデメリットとしては、このようなことが考えられます。

  • 通院する時間を作らなくてはならない
  • 費用が高くつく可能性がある
  • 性病の場合、他人である医師に患部について相談する必要がある

費用や時間は判断基準になりますが、「医師の診察」をメリットと感じるかデメリットと感じるかが大きな判断基準になるという人は多いです。

通販(個人輸入)

通販では、薬の個人輸入代行サイトを利用して購入することが可能です。

通販のメリットは、端的にいうと「病院へ行かなくてよい」ということです。
病院へ行かなくてよいということは、具体的にはこのようなメリットがあります。

  • 病院へ行く時間を作らなくてOK
  • 24時間いつでも購入可能である
  • 病院にいくよりも安く済む場合が多い
  • 性病についてなど個人的な話を他人(医師)にしなくて済む

逆にいうと、このようなデメリットがあります

  • 薬の作用や副作用についてすべて自己責任である
  • 海外医薬品のため、言語や文化の違いに困る可能性がある
  • 粗悪なサイトも存在する

通販の場合、処方薬のように医師や薬剤師による薬についての説明は受けられません。
どのような薬なのか、自分でしっかり調べる必要があります。
薬の通販初心者の方は、まずはこれまで処方して使ったことのある薬を通販で購入してみることはおすすめです。
また、薬の通販サイトには良質なサイトとそうでないサイトがあります。
安心できるサイトを見つけておくと、今後薬が必要になった時に便利です。

クラビットのジェネリック

先発薬クラビットと有効成分が同じで効能・効果が同じジェネリック医薬品が販売されています。
いずれも通販で個人輸入として代行サイトから購入可能です。
最後にクラビットの4つのクラビットのジェネリック医薬品について簡単にご紹介します。

クラビリン

クラビリンはインドの企業レクメズ者が開発したクラビットのジェネリック医薬品です。
剤形は先発薬と似ている薄ピンク色で楕円形か、もしくは円形の錠剤となっています。

お薬なびでは250㎎と500㎎の2種類の用量が、それぞれ2種類の内容量(錠剤の量)で販売されています。

【用量と販売価格】

250㎎×20錠タイプ:1箱1800円
250㎎×40錠タイプ:1箱3420円

500㎎×10錠タイプ:1箱1800円
500㎎×30錠タイプ:1箱4860円

LQUIN

LQUINはインドのシプラ社が開発したクラビットのジェネリック医薬品です。
剤形は赤茶色で楕円形の錠剤となっています。

お薬なびでは250mg/500mg/750mgの3通りの用量で、それぞれ2種類の内容量が販売されています。

【用量と販売価格】

250㎎×20錠タイプ:1箱1800円
250㎎×40錠タイプ:1箱3420円

500㎎×10錠タイプ:1800円
500㎎×30錠タイプ:4860円

750㎎×5錠タイプ:1800円
750㎎×25錠タイプ:4860円

1錠当たりの内容量が3種類ありますが、通常1回500㎎で服用することが多いので用法用量にはご注意ください。

レボフロックス

レボフロックスも同じくインドのシプラ社が開発したクラビットのジェネリック医薬品です。
薄ピンク色の楕円形の錠剤がパッケージされています。

お薬なびで販売されているのは250㎎の1種類です。

【用量と販売価格】

250㎎×100錠タイプ:3150円

100錠でこの価格なので常備薬として使いやすいという利点があります。
ニキビの治療薬として使う人も多いです。

レボクイン

レボクインもインドのシプラ社が開発したクラビットのジェネリック医薬品です。
剤形は赤茶色の錠剤となっています。

お薬なびでは250㎎と500㎎の2種類の用量が、それぞれ2種類の内容量で販売販売されています。

【用量と販売価格】

250㎎×10錠タイプ:1050円
250㎎×30錠タイプ:2980円
250㎎×50錠タイプ:4720円

500㎎×10錠タイプ:1450円
500㎎×30錠タイプ:4130円
500㎎×50錠タイプ:6520円