リアップリジェンヌよりお得なロゲインウーマンとは?2種の違いや効果的な使い方をご紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアップリジェンヌは、有効成分ミノキシジルを含む薄毛用の塗り薬です。

このリアップリジェンヌと効果や成分が同じで、より安く手軽に購入できる「ロゲインウーマン」という外用薬をご存じですか?

海外通販で購入できるロゲインウーマンは、リアップリジェンヌより以下の点が優れています。

  • 費用
  • 購入方法の手軽さ
  • 効果

ここでは、そんなロゲインウーマンとリアップリジェンヌの違いや効果、副作用などをご紹介します。

リアップリジェンヌとロゲインウーマンの違い

リアップリジェンヌとロゲインウーマンの違いは以下の通りです。

ロゲインウーマン リアップリジェンヌ
費用 4,280円 4,900円~5,800円
購入方法 海外通販 薬局、国内通販
※薬剤師の指導あり
効果 壮年性脱毛症 壮年性脱毛症
成分濃度 ミノキシジル2%配合 ミノキシジル1%配合
開発メーカー ジョンソン&ジョンソン子会社
(海外製)
大正製薬
(日本製)

どちらも同一成分の「ミノキシジル」を含んでおり、壮年性脱毛症に効果がありますが、費用面や購入方法の手軽さでいうとロゲインウーマンの方が優れています。

ここでは価格、購入方法、成分濃度の3点に焦点を当て、より詳しく2種の違いをご紹介します。

価格の違い

まず気になるのは費用面。

以下の通り、価格はロゲインウーマンの方がお得になっています。

ロゲインウーマン リアップリジェンヌ
1本あたりの価格 4,280円 4,900円~5,800円※

※Amazonや楽天など主要通販サイトの価格相場

リアップリジェンヌは定価が5,763円のため、薬局でもこのくらいの価格で販売しているようです。

外用薬は継続して使用する薬のため、半年、1年間…などの単位で考えると大きな額になってしまいます。

例えば定価を基準に1年間でかかる費用を比較すると…

●リアップリジェンヌ
5,763円×12ヵ月=69,156円
●ロゲインウーマン
4,280円×12ヵ月=51,360円

ロゲインウーマンなら、17,000円ほどお得になることが分かりますね!

効果はどちらも同じのため、少しでも費用を抑えたい方はロゲインウーマンがオススメです。

購入方法の違い

ロゲインウーマン、リアップリジェンヌ、それぞれの購入方法は以下の通りです。

ロゲインウーマン リアップリジェンヌ
購入方法 海外通販サイトで購入 薬剤師のいる薬局
国内通販サイト
※どちらも薬剤師からの指示が必須

リアップリジェンヌは、薬剤師の指導が必要な第一類医薬品の医薬品です。

そのため、薬局では薬剤師の対面指導が、通販では発送前に薬剤師との確認のやり取りが必要になります。

例として、通販で購入した際の発送までの流れをご紹介します。

①注文前に「使っている薬がないか」などの設問に答える
②注文、決済手続きをする
③薬剤師からメールでURLが記載された返信がくる
④URL上の情報を確認し、確認した旨を送信する
⑤商品が発送される

このように、毎回購入する度に確認が必要となるため、すでに使用したことがある方などは手間かもしれません。

一方海外通販では、このような確認は不要のため、手軽に購入したい方はロゲインウーマンが向いています。

成分濃度の違い

リアップリジェンヌとロゲインウーマンはどちらも同じ有効成分が含まれていますが、成分の濃度が異なります。

●リアップリジェンヌ
→ミノキシジルの成分濃度1%
●ロゲインウーマン
→ミノキシジルの成分濃度2%

ミノキシジルの成分濃度は、国内では1%が最大濃度となっており、海外では2%~5%のものも承認・販売されています。

ロゲインウーマンはリアップリジェンヌよりも1%多く有効成分が含まれており、より高い薄毛の改善効果が期待できます。

ミノキシジルは濃度が高ければ効果が高まるというデータもあるため、高い効果を求める方はロゲインウーマンがオススメです。

結局どちらがオススメなの?

どちらも同じ効果を持つリアップリジェンヌ、ロゲインウーマン。

2つの違いを一通り解説しましたが、それでも迷う方は以下の項目を参考に選んでください。

リアップリジェンヌがオススメな人

リアップリジェンヌは、以下のような方にオススメです。

  • 価格は気にしない
  • 今すぐ使用したい
  • 薬剤師や医師に相談したい
  • ミノキシジル外用薬を始めて使う

リアップリジェンヌは薬剤師の指導の元購入できるため、薬剤師に相談できるというメリットがあります。

そのため、ミノキシジル外用薬を使うのがはじめての方や、使用する上で質問や不安な点がある方にオススメです。

ただし、いちいち確認を取るのが面倒、また価格を抑えたいという方には向いていません。

ロゲインウーマンがオススメな人

ロゲインウーマンは、以下のような方にオススメです。

  • なるべく費用を抑えたい
  • 手軽に購入したい
  • 届くまで多少時間がかかってもいい
  • ミノキシジル外用薬を使ったことがある

海外通販は手軽に安く購入できますが、海外から発送するため届くまで10日~2週間ほど時間がかかります。

「今すぐ使いたい」という方には向いていませんが、費用面などその他のメリットは大きいです。

また、ロゲインウーマンは「海外製だから不安…」という方もいるかもしれません。

日本では「リアップ」などが有名ですが、世界で最初に開発されたミノキシジル外用薬はファイザー社の「ロゲイン」です。

そのため、ロゲインは海外では非常に有名な薄毛治療薬であり、ロゲインウーマンも同様に多くの女性に使用されています。

含まれている有効成分も全く同じミノキシジルなので、海外製だから「危ない副作用が出る」等の心配もないため、安心してください!

女性用外用薬の口コミ

リアップリジェンヌやロゲインウーマンをはじめとするミノキシジル外用薬ですが、

「そもそも効果はあるの?」
「重い副作用が起きたりしない?」

と不安に思うこともあるかもしれません。

ここでは、TwitterやInstagramなどからミノキシジル外用薬を実際に使用した方の投稿をご紹介します。

Twitterの口コミ

Instagramの口コミ

口コミのまとめ

口コミを調査した結果、「徐々に結果が出てくる」というものが多かったです。

ミノキシジルをはじめ、薄毛の治療薬は使ってすぐ効くものはありません。

効果がなかなか出ない…と焦るかもしれませんが、じっくり治療を続けましょう!

また、副作用に関する口コミは「体質に合わない」などの内容がほとんどで、悪い内容もそれほど見られませんでした。

「重い副作用が出た」などの投稿はなかったので、それほど不安に思うことはないでしょう。

女性用外用薬の効果的な使い方

リアップリジェンヌ・ロゲインウーマンのどちらも、使用方法は以下の通りです。

シャンプー後などの清潔な頭皮に、1日2回1mlを頭皮に塗る

リアップリジェンヌもロゲインウーマンも1本60mlのため、1ヵ月の使用で1本消費する計算です。

ただし、使い切ったら終わりではなく、6ヵ月は使用を継続してみましょう。

また、より効果的に使用したいなら「パントガール」「ルグゼバイブ」との併用もオススメです。

パントガール・ルグゼバイブは女性用の薄毛治療薬で、外用薬のように塗るタイプではなく飲むタイプの薬です。

使用者の90%以上が効果を感じたというデータもある、非常に有効的な治療薬です。

女性用外用薬の効果、副作用

リアップリジェンヌ、ロゲインウーマンの効果は「壮年性脱毛症」による脱毛を「発毛」によって改善することです。

※壮年性脱毛症…加齢やホルモンの変化が原因となる薄毛の症状。頭頂部が広く薄くなることが特徴的。

有効成分の「ミノキシジル」が、血管を拡げて血流をよくして、髪の毛を作る細胞に栄養を行き届かせることで、新しい髪の毛が生えることを促してくれます。

なお、副作用として以下の症状が出ることがあります。

  • 初期脱毛
  • 皮膚の症状(発疹・発赤、かゆみ、かぶれなど)
  • 精神神経系(頭痛、めまいなど)
  • 循環器系(動悸、胸の痛み)
  • 代謝系(体重増加、手足のむくみ)

初期脱毛は正確にいうと副作用ではありません。

薬の使い始めにヘアサイクルが正常に戻る過程で、一時的に脱毛が起きる症状です。

個人差がありますが、大体1~2ヵ月程度、人によっては3ヵ月以上続くこともあります。

しかし、初期脱毛は髪の毛が生えてくる前兆のため、焦って使用をやめず治療を続けましょう。

参考:一般用医薬品 : リアップリジェンヌ
https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_otc?japic_code=J1101000290

女性用外用薬を使用できない人もいる?

リアップリジェンヌやロゲインウーマンなど、ミノキシジルの濃度が少ない女性用外用薬でも、中には使用することができない人もいます。

・未成年者(20歳未満)
・ミノキシジル成分でアレルギー症状を起こした人
・妊娠中、妊娠の可能性がある人、授乳中の人
・壮年性脱毛症以外の人(円形脱毛症、妊娠・出産に伴う脱毛症、避妊薬の中止に伴う脱毛症、甲状腺疾患など)
・頭頂部だけでなく東部全体的に脱毛している人
参照:リアップリジェンヌ|pmda

使用する前に医師に相談が必要な人

女性外用薬を使用する前に、医師や薬剤師に相談が必要な人もいます。

・薬や化粧品でアレルギー症状が出た人
・高血圧、低血圧な人
・心臓、腎臓に障害がある人
・むくみがある人
・65歳以上の高齢者
・甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症
参照:リアップリジェンヌ|pmda

女性用外用薬のQ&A

女性用ミノキシジル外用薬で、よくある質問をQ&A方式で紹介していきます。

効き具合はどのように判断すればいい?

Answer

ミノキシジル外用薬はすぐに効果が表れるわけではなく、継続していくことで実感できます。
使用を続けて、鏡で薄毛状態をチェックしていきましょう。
その他抜け毛の本数や、産毛の生え具合などでも効果が確認できます。

副作用が出たら使用をやめたほうがいい?

Answer

女性用外用薬は男性よりミノキシジルの濃度は低く、副作用も比較的少ないです。
しかし全く無いわけではなく、副作用が出る人もいます。

もしかゆみや動悸などの副作用が出た場合、体質に合っていない可能性があるため使用を中止し、医師に相談することをおススメします。

ただし初期脱毛が起きた場合、それは効果が表れてきた証拠の可能性が高いです。すぐ中止せず3ヵ月間ほど様子を見ましょう。

男性用の外用薬と何が違う?

Answer

男性用の外用薬と女性用の外用薬ではミノキシジルの濃度が違います。

男性用の場合日本の法律では5%までと定められています。(医師の処方は除く)
女性の場合ミノキシジル5%に対して、十分な安全性が確認されていません。

そしてミノキシジルが1%でも効果が十分だと考えられていて、現在日本で女性用は1%のモノが販売されています。(海外では2%)

ミノキシジル外用薬とあわせて薄毛対策できることはある?

Answer

ミノキシジル外用薬でも十分な薄毛対策はできますが、日々の生活を見直すことも重要です。

食生活や生活スタイルなどを意識して、正しい頭皮やヘアケアを実践するだけでもだいぶ違います。

下記リンク先で正しいシャンプー法や、薄毛に良い食事のレシピなど紹介しています。是非参考にしてください。
育毛剤の使用とあわせて、健康的な食事や正しいヘアケアを実践しましょう。

手軽に薄毛を改善するならロゲインウーマンを選ぼう!

当ページでは、リアップリジェンヌとロゲインウーマンの違いをご紹介してきました。

含まれる有効成分や効果はどちらも変わらないため、費用・手軽さの面でメリットの強いロゲインウーマンがオススメです。

もし迷うのであれば、まずは薬局等で薬剤師に指導を受けながら購入し、副作用などが出なければより安いロゲインウーマンに切り替えるなども良いと思います。

執筆者
藤池 友広

1975年生まれ。東京都調布市出身のAGA治療を続ける40代男性。
女性に何気なく言われた「少し薄いね」の言葉をきっかけにプロペシア服用を開始。
現在も様々な通販サイトからAGA治療薬を買って治療を継続中。