• TOP
  • プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬!その効果と特徴は?

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬!その効果と特徴は?

プロペシアとは

プロペシアとは、製薬会社MSDが製造・販売している男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。
AGAは、体内で生成された男性ホルモンが頭髪の軟毛化(=髪の毛が細く弱くなる現象)を招くことで発症します。
プロペシアにはこの男性ホルモンの生成を抑え、軟毛化を防ぎ、抜け毛を減らす効果があります。
今回はこのプロペシアの効果と特徴、服用に際しての飲み方や注意点などについて、ご紹介します。

プロペシアの効果

プロペシアは如何にしてAGAの発症を抑えるのでしょうか。
男性の体内にはテストステロンという男性ホルモンがあります。
テストステロンには筋肉の増強、若々しさを保つ効果があります。
精巣より分泌されたこのテストステロンは、5α-還元酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)という”悪玉”男性ホルモンに変えられます。
例えるなら優等生だった子が悪い友達に染まって不良になってしまうようなものでしょうか。
悪の道に進んだDHTが頭皮に直接作用することにより、髪の毛は軟毛化し、十分に成長できないまま抜け落ちます。
プロペシアは例で言う「悪い友達」、つまり5α-還元酵素の働きを阻害することで、脱毛を抑制するのです。

しかしプロペシアには脱毛を抑制するだけで、髪の毛を新たに生やし成長させる効果はありません。
そこで併用されるのが、ミノキシジルです。

ミノキシジルとの飲み合わせ

ミノキシジルは、プロペシアにはない「発毛効果」を持った医薬品です。
具体的な効果は以下の2点です。
・毛包(髪の毛を生成する皮膚器官)に直接働きかけ、発毛を促進する
・頭皮の毛細血管を拡張することで栄養を行き渡らせ、髪の毛を成長させる

プロペシアが軟毛化を抑え、その効果によって抜けなくなった髪の毛をミノキシジルが成長させ、新しい髪の毛も生やす。
この合わせ技によって段階的に増毛していきます。

ミノキシジルには塗るタイプと内服薬のタイプがありますが、発毛剤として認められているのは塗るタイプのみです。
塗るタイプで有名なものに大正製薬の発毛剤「リアップ」などがあります。

プロペシアの特徴

プロペシアには一般の医薬品にはない特徴が多くあります。
プラス面とマイナス面に分けてご紹介します。

■プラスの特徴
・お酒を飲んでも服用できる
・服用のタイミングは自由

◎お酒を飲んでも服用できる
プロペシアにはアルコールとの相互作用が確認されていないため、お酒を飲む人も安心して使用できます。

◎服用のタイミングは自由
空腹時と満腹時とで影響に変化はほとんどないので、自分の好きなタイミングで服用することができます。

■マイナスの特徴
・保険適用外
・未成年、女性の服用は不可

◎保険適用外
プロペシアの処方を含むAGA治療は保険適用外です。
そのため治療費と診察料を合わせると1回の治療で20000円以上かかる場合があります。

◎未成年、女性の服用は不可
プロペシアは、未成年や女性の服用は禁止されています。
加えてフィナステリドは皮膚からも吸収されるため、妊娠中・授乳中の女性は接触してもいけません。
DHTは男性器の成長を促す役割を持ちます。
プロペシアはDHTの産生を抑える働きがあるため、成長しきっていない男児や妊娠中の胎児に吸収されないよう注意が必要です。

プロペシアの副作用

プロペシアは他の医薬品に比べ、副作用の少ない薬ではあります。
しかし僅かながら以下の副作用が報告されています。

■肝機能障害
(だるさや、皮膚の黄疸の出現)

■男性機能の低下・悪化
・性欲減退
・勃起不全
(勃起が持続しない、十分に硬くならない)
・射精障害
(早漏、遅漏、精液量減少)

肝機能障害はプロペシアの成分が肝臓で代謝され、肝臓に負担がかかることが原因です。

また男性機能の低下・悪化は、プロペシアのDHT(ジヒドロテストステロン)抑制作用によって、体内で作られる男性ホルモンの量が減少することで起こります。

このようにプロペシアの副作用はいくつかありますが、臨床試験において以上の副作用が報告されたのは943例中5件(0.5%)しかなく、比較的安全性の高い薬と言えます。

プロペシアの飲み方

プロペシアは毎日必ず0.2mg~1mgを服用しなければいけません。
24時間以内に服用しなければ、主成分の効果が適用されないからです。
ですので飲み忘れがないよう、飲む時間をあらかじめ決めておくのが良いでしょう。

「プロペシアの特徴」でも説明した通り、プロペシアは食前でも食後でも影響はありません。
朝食後、仕事の合間、寝る前など、自分の都合のいいタイミングに服用の時間を設定しましょう。

プロペシアの注意点

医薬品には「この薬と飲み合わせてはいけない」という薬や、「飲み合わせに注意が必要」とされる薬があります。
前者を併用禁忌、後者を併用注意といいます。
これらを守らなければ薬が効きにくくなったり、逆に薬効が強くなりすぎて、副作用を招く危険性が高くなります。
ではプロペシアにもこの併用禁忌・併用注意の薬はあるのでしょうか?

併用禁忌

現在のところ、プロペシアとの飲み合わせが危険とされている薬は報告されていません。

併用注意

併用注意の薬も報告されていません。

併用禁忌・併用注意ともに報告はされていませんが、今後の調査次第では追加される可能性もありますので、こまめに確認するようにしましょう。

その他

他の注意点として、「初期脱毛」が挙げられます。
プロペシアの服用を始めると、一時的に抜け毛が増えることがあります。
これは正常に薬効が正常にあらわれている証拠です。

髪の毛にはヘアサイクルという以下の周期があります。
・「成長期」…生えてから成長する期間(2~6年)
・「退行期」…成長が終わり、衰弱が始まる期間(2週間)
・「休止期」…寿命を迎え、いつ抜けてもおかしくない時期

AGAはこの内の「成長期」が1年程度に縮まり、多くの髪の毛が十分に成長できず休止期を迎えることで起こります。
この乱れをプロペシアは正常に戻します。
すると成長期に入る髪の毛が多くなり、休止期のものと入れ替わることで、抜け毛が多くなるのです。

つまり一時的に抜け毛が多くなるのは、ヘアサイクルが正常に戻っている証拠です。
決して悪化しているわけではありませんので、変わらず毎日飲み続けるようにしましょう。

プロペシアの入手方法

入手方法には以下の2通りがあります。
1.医療機関で処方
2.個人輸入による通販

医療機関で処方

■一般医療機関
主に皮膚科や内科で受診をします。
「プロペシアの特徴」と重複しますが、AGA治療は保険適用外です。
1回の治療に平均18000円~22000円、中には40000円以上かかる病院もあります。
病院によってはAGA治療を行っていない病院もあるので、事前に確認しておきましょう。

■AGA治療専門クリニック
薄毛など毛髪に関する治療を専門に行っています。
AGA治療の専門医による治療のため、信頼という面では安心です。
こちらでの治療も保険適用外ですので、20000円前後の治療費はかかります。

個人輸入による通販

■通販で購入
プロペシアは市販薬ではないため、個人輸入という形で海外から取り寄せます。
通販なので時間を問わず、どこからでも購入することができます。
届くまでに1週間~10日ほどかかりますが、わざわざ病院に行く必要がないため効率的です。
また病院で処方してもらうのと違い、高い治療費や診察料を払う必要がないため、圧倒的に安価で手に入ります。

このように時間と価格の面から通販サイトは有用です。
しかしメリットばかりではありません。
特に気を付けなければいけないのが、偽造薬の存在です。

プロペシアの偽物

WHOによれば途上国で取り扱っている薬の約10%~30%は偽造薬と言われています。
もちろんこの中にはプロペシアも含まれています。
プロペシアの偽物は主成分であるフィナステリドが全く入っていなかったり、逆に過剰に含まれている場合があります。
後者の場合は酷い副作用を起こす危険性があるので、注意が必要です。
以下の確認事項を参考に、偽物を掴まされないよう事前に対策を練りましょう。

1.購入先の情報を確認
通販サイトによっては、取り扱い商品の中に医薬品が含まれていないのに、何故かプロペシアだけ販売していることがあります。
このようなサイトは怪しいので、注意しましょう。

2.クレジットカードが使用できるか
クレジット非対応のサイトである場合、現金を騙し取る意図があるかもしれません。
あるいは経営が不安定で、クレジット会社が相手にしていない可能性もあります。

3.連絡先を確認
公式サイトに連絡先が書かれていない場合、詐欺の可能性があります。
もし記載されていた場合も、虚偽の恐れがあります。
念のためその企業の方がきちんと電話に出るか、確認しておくと良いでしょう。

4.錠剤の色や形
製薬会社MSDが製造・販売しているプロペシアには以下の外見的特徴があります。
・錠剤は薄く赤みがかった色
・シートの裏表に「プロペシア」の表記
・円形
・直径7.2mm 厚さ3.5mm
・錠剤の裏に「P」、裏に「MSD115」の刻印

サイズ、色、表記などに違いがあれば、偽造薬を疑いましょう。

プロペシアのジェネリック

2015年にプロペシアの特許が切れたことで、多くのジェネリックが開発されました。
ジェネリックの特徴は、格段に値段が安いことです。
先発薬(ジェネリックの元となる薬)のように研究開発が必要ないため、その開発費用の分、値段を抑えることができるのです。
ここではそのようなプロペシアのジェネリックをご紹介します。
ちなみにプロペシアの価格は1錠あたり230円~290円ほどなので、これを基準に比較していきましょう。

フィナステリド薬

国内の各種メーカーから発売されているジェネリックです。
主に以下の商品が有名です。
■ファイザー
メーカー:ファイザー株式会社
価格:210円~270円/錠
■サワイ
メーカー:沢井製薬株式会社
価格:180円~200円/錠
■トーワ
メーカー:東和薬品株式会社
価格:140円/錠

国内のジェネリックはそこまで安くありません。
「トーワ」は比較的安いですが、それでも半額程度です。
また通販では購入できないので、病院で処方してもらう必要があります。
医師の監修があるので安全ではありますが、必然的に高額な治療費が加算されます。
ですので経済的に余裕がない人には、あまりメリットがないでしょう。

次にご紹介するのは海外の製薬会社が製造しているプロペシアのジェネリックです。
いずれも通販で購入することができます。

フィンペシア

メーカー:シプラ社
価格:45円/錠
インドの大手製薬会社シプラ社の主力商品です。
以前はコーティング剤にキノリンイエローという発がん性物質が使われていましたが、現在はキノリンイエローを使わないフィンペシアが製造され、安全性が強化されました。

エフペシア

メーカー:シプラ社
価格:31円/錠
フィンペシアとは異なり、キノリンイエローを含まない商品。
しかし後にキノリンイエローフリーのフィンペシアが開発されたため、エフペシアは製造されなくなりました。
現在、ほとんどの通販サイトでは販売されておりませんが、一部で販売しているサイトもあります。

フィナクス

メーカー:レクメズ社
価格:42円/錠
レクメズ社はシプラ社と同じインドの製薬会社です。
現地の日本人スタッフ監修のもと、日本人向けに開発されています。
そのためパッケージの表記も日本語で書かれています。

フィンカー

メーカー:シプラ社
価格:40円/錠
同メーカーのフィンペシアがフィナステリド1mg配合なのに対し、フィンカーは5mg配合されています。
一日の摂取量の目安は1mgなので、服用する際には1錠を5日に分けて服用します。
1錠あたりの価格は他とそこまで変わりませんが、日数で考えると圧倒的にお得です。

フィナロイド

メーカー:ロイド・ラボラトリーズ社
価格:30円/錠
フィリピンの製薬会社の商品です。
発がん性物質と言われるキノリンイエローが含まれていません。
ロイド社はプロペシアと併用されるミノキシジルのタブレットも手掛けているため、まとめて購入することができます。