• TOP
  • 日本一身近な性病「クラミジア」の感染リスク症状・治療のキホン

日本一身近な性病「クラミジア」の感染リスク症状・治療のキホン

クラミジアとは

クラミジアは日本で最も多い性感染症です。

感染してから1~3週間ほどの潜伏期間のあと発症しますが、発症後も症状が出ず、気が付ないケースがほとんどと言われています。
クラミジアは無自覚に相手に移してしまう、感染に気付かずに放置して深刻な病気に発展し、不妊の原因になるなどのリスクがあり、決して軽視できるものではありません。

クラミジアの種類と症状

クラミジアは性器もしくは口から感染します。
性器からの感染の場合、男女で症状が出る部位などが違ってきます。
女性器が感染した場合、男性器が感染した場合、口から感染した場合、それぞれの症状をご紹介します。

クラミジア性子宮頚菅炎

女性が性器に感染した場合、最初に引き起こされるのがクラミジア性子宮頚管炎です。
クラミジアが子宮の下部にある子宮頚管(けいかん)に感染に炎症を起こします。

症状:おりものが増加、不正出血、下腹部痛、性交痛

主な症状としておりものの増加などがありますが、ごく軽い症状、もしくは無症状であることが多く、感染に気が付きにくいです。
そのため知らないうちに性交相手にしてしまう、病気を放置し進行させてしまうなどといった恐れがあります。

感染が子宮頚管から進行すれば、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤内炎症性疾患、肝周囲炎の原因になります。
また、子宮外妊娠、不妊症、流産早産を引き起こす原因にも。
妊婦が感染している場合、出産時に母子感染し、赤ちゃんが結膜炎や肺炎になる可能性があります。

クラミジア咽頭感染症

咽頭(のど)に感染するクラミジアのことをクラミジア咽頭感染症といいます。
クラミジアはオーラルセックスにより咽頭にも感染するのです。

症状:のどの痛み、のどがはれて赤くなる、発熱など

感染しても無症状であることが多く、症状が出たとしてものどが痛いなど風邪の症状と似ているため、検査しない限り自分で気が付くのは難しいです。

また、クラミジアが口から感染するということ自体があまり認知されておらず、感染が広がりやすい状況になっています。

近年はとくにアダルトビデオや性風俗などの影響もあり、若年層を中心にフェラチオやクンニリングスといったオーラルセックスに抵抗を感じない人も増加しており、それに伴い咽頭への感染も増加しています。

クラミジア性尿道炎

男性が性器からクラミジアに感染し、尿道が炎症を起こすことをクラミジア性尿道炎といいます。

症状:尿道から粘り気の少ない白色~透明の膿みが出る、尿道のむずがゆさや不快感を感じる、排尿時に痛みを感じるなど

症状が出ることはあるものの、こちらも子宮頚菅炎、咽頭感染症と同様気が付きにくいため、放置してしまいがちです。
治療しないまま放置すると性行為の相手に移してしまうだけでなく、クラミジアが尿道から進行し、前立腺炎や副睾丸炎、肝炎、腎炎などさまざまな合併症を引き起こします。

クラミジアが尿道から進行することで前立腺炎、さらに進行すると精巣上体炎(副睾丸炎)を引き起こし、痛みが出る、発熱するといった症状が出ます。
またそれが男性不妊の原因となることもあると言われています。

クラミジアの感染ルート

クラミジアはセックスやオーラルセックスを含む性行為によって感染します。
また、ディープキスで感染する可能性もあり、性器から口、口から口、口から性器へ感染する可能性があります。

コンドームの使用である程度予防することは可能ですが、口からの感染を考えると完全に防ぐことは難しいといえます。

また当然多くの人と性行為をすればそれだけ感染リスクは上がります。

クラミジアの治療薬

クラミジアの治療には細菌を殺菌する薬、抗生物質が必要です。
抗生物質には多くの種類があり、クラミジアの治療には「マクロライド系」「ニューキノロン系」「テトラサイクリン系」と呼ばれる種類の抗生物質が使われます。
どのように殺菌するかは種類によって違いますが、いずれも病原菌を殺菌するために用いられるものです。

こちらでは代表的なクラミジアの治療薬4種類の特徴と参考価格を簡単にご紹介します。

※以下、薬の価格はクラミジアの治療薬として一般的な用量分の参考価格となります。

ジスロマック(アジスロマイシン)

ジスロマックはアメリカに本社を置くファイザー社が開発したマクロライド系の抗生物質です。

効果が長く続くため、他の薬と比べて服用回数が少なく済むという特徴があります。
複数の薬のタイプがありますが、クラミジアの治療では錠剤かドライシロップが用いられることが多いです。

主成分および一般名称を「アジスロマイシン」といい、同名のジェネリック医薬品があります。

通販で錠剤は1箱3000円前後、ドライシロップは1瓶6000円前後で購入可能です。

クラミジアの第一選択薬として用いられることが多いジスロマックですが、体質に合わない、また耐性がついて薬が効かなくなっている場合などに以下の薬が用いられます。

クラビット(レボフロキサシン)

クラビットはニューキノロン系の抗生物質で、日本の企業、第一三共によって開発された薬です。
日本で最もメジャーな抗生物質のひとつで、また比較的副作用も少ないとされており、クラミジアのほかにも皮膚や目、耳鼻咽喉の感染症など、広い領域で使われています。

レボフロキサシンという成分が主成分および一般名称であり、同名のジェネリック薬品が複数出ています。

通販では日本の製品は通販で6000~7500円ほど、
ジェネリック医薬品であれば1500~3000円ほどで購入可能です。

ミノマイシン(ミノサイクリン)

ミノマイシンはテトラサイクリン系の抗生物質です。
1960年代にアメリカのレダリーという当時の研究所によって作られました。

薬に対する抵抗力が高くなり薬が効かなくなった細菌を「耐性菌」といいますが、ミノマイシンは比較的それが少なく、また抗菌力も強いという特徴があります。

主成分および一般名称をミノサイクリンといい、同名のジェネリック医薬品が数種類出ています。

通販で海外のジェネリック医薬品では1500~4000円ほどで購入可能です。
日本製のものは7000~8000円と倍以上の価格になります。

クラリス(クラリスロマイシン)

クラリスはジスロマックと同様、マクロイド系の抗生物質のひとつで、日本の企業、大正製薬が開発した薬です。

咽頭炎や扁桃炎、マイコプラズマ肺炎、皮膚感染症など、広い領域で使われています。

マクロライド系であるジスロマックとクラリスは、妊婦さんでも使用可能です。

「クラリスロマイシン」が一般名称、および主成分となっており、複数の種類のジェネリック医薬品が出ています。

通販では、日本の先発品で15000円前後、ジェネリック医薬品では2000~5000円程度で購入可能です。

まとめ

最も身近な性病のひとつ、クラミジアは放っておけば自然に治るということはありません。
しかし薬で完治させることが可能な病気です。
もし感染してしまった場合は、できるだけ早く治療を開始するべきでしょう。

クラミジアの薬はジスロマックのように1回の服用で済む場合と、1週間ほど服用を続ける必要がある場合があります。
もし途中で症状が治まっても、途中でやめないようにしてください。

服用する期間が長くなれば、それだけ多くの薬が必要になります。
費用を抑えたい場合は、通販でジェネリック医薬品を安く買うこともおすすめです。

クラミジアに限らず、性病はカップルのどちらかが治療しても、パートナーが治療しなければ、治療した側に再び感染する、またその逆にも…といった「ピンポン感染」が起こりがちです。

治療の際は、パートナーとともにしっかり治していきましょう。