AGA治療薬の種類とそれぞれの違いは?通販でも手に入るって本当?

AGA治療薬とは

AGA治療薬とは、文字通りAGA(男性型脱毛症)を治療する医薬品のことです。

AGAは悪玉男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が、髪の毛の軟毛化(髪の毛が痩せ細り弱くなること)を招くことで発症します。

現在、多様なAGA治療薬が製造販売されており、それぞれ効果や特徴が異なります。

AGA治療薬の種類と違い

AGA治療薬はその効果や特徴によって以下の3種類に分けられます。
・プロペシア
・ミノキシジル
・ザガーロ

プロペシア

主な効果:AGAの予防

プロペシアはAGAの発症要因である男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の増殖を抑える作用があります。

そもそもDHTは、精巣より分泌されたテストステロンという男性ホルモンが、5α-還元酵素Ⅱ型の働きで変換されたものです。
プロペシアはこの5α-還元酵素Ⅱ型の変換機能を阻害することで、軟毛化した(痩せ細った)髪の毛の成長を促し、脱毛・薄毛の症状を予防します。

あくまで弱った髪の毛を正常に戻すのが主効果であり、ミノキシジルのような発毛効果は認められていません。

ミノキシジル

主な効果:発毛の促進

プロペシアとは異なり、ミノキシジルは発毛効果が認められています。
頭皮の血管を拡張して栄養を行き渡らせることで毛根の働きを活発にし、発毛を促します。

しかしプロペシアのように一度弱まった髪の毛を回復させる効果はないため、ミノキシジル単体ではAGAの根本的な解決にはなりません。
そのため現在ではプロペシアもしくはザガーロと併用することが推奨されています。

ちなみにミノキシジルには外用薬(スプレー、ローションタイプ)と内服薬(タブレットタイプ)の2種類があります。
内服薬の方が強い効果を発揮しますが、その分、頭痛やめまいなどの副作用を引き起こす可能性も比較的高くなります。

ザガーロ

主な効果:AGAの予防

ザガーロの効果は、AGAを引き起こす原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)が5α-還元酵素によって産生されるのを抑制するというものです。

一見するとプロペシアの効果とそう変わりはありません。

違いは、プロペシアが5α-還元酵素Ⅱ型のみを阻害するのに対して、ザガーロはⅡ型とⅠ型の両方を阻害する点です。

Ⅱ型は前頭部や頭頂部に多く存在するのに対し、Ⅰ型は側頭部、後頭部をはじめ全身の毛乳頭細胞に存在します。

つまりザガーロを服用することで、プロペシアだけではカバーできない頭髪全体をフォローすることが可能になります。

AGA治療薬の効果

AGA治療薬による効果は、大きく分けて2つの種類があります。
・弱った髪の毛を成長させる
・発毛を促進する

「AGA治療薬の種類と違い」で挙げた3種類の薬はすべて、上記のいずれかに分類できます。

■弱った髪の毛を成長させる
該当治療薬:プロペシア、ザガーロ

男性の体内にはテストステロンという男性ホルモンがあります。これが5α-還元酵素という酵素の力でDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変えられます。
このDHTが頭皮に作用することで、髪の毛の軟毛化(髪が痩せ細ること)を招きます。

これがAGAの発症するまでの流れです。

プロペシアおよびザガーロは、テストステロンをDHTに変換する5α-還元酵素の作用を阻害することで、間接的にAGAの進行を抑えます。

■発毛を促進する
該当治療薬:ミノキシジル

頭皮の血管を拡張することで栄養素を行き渡らせます。
これにより毛根を活発にし、発毛効果を促します。

AGA治療薬の注意点

主なAGA治療薬であるプロペシア、ミノキシジル、ザガーロを服用する際は以下の点に注意しましょう。
・副作用
・併用禁忌・併用注意

■副作用
◎プロペシア、ザガーロ
主な副作用は以下の通りです
・肝機能障害
・男性機能の低下
(射精障害、勃起不全)

肝機能障害は治療薬が肝臓で代謝されるため、肝臓に負担がかかることで起こります。
また男性機能の低下は、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の数が薬の効果で減少することが原因と言われています。

いずれも発症率は0.5%程度です。

◎ミノキシジル
外用薬の場合は頭皮のかゆみやかぶれ。
内服薬の場合は頭痛、めまいなどが起こるとされています。

■併用禁忌・併用注意
医薬品には「飲み合わせてはいけない薬」と「飲み合わせに注意が必要な薬」があります。
前者を併用禁忌、後者を併用注意といいます。

◎プロペシア、ミノキシジル
ともに併用禁忌・併用注意とされる薬はありません

◎ザガーロ
併用禁忌とされる薬はありませんが、併用注意とされる薬はあります。
それがCYP3A4阻害薬です。

CYP3A4とは肝臓にて医薬品の代謝(分解)機能を担う酵素のひとつです。
水虫や感染症などの治療に使われるCYP3A4阻害薬は、この酵素の働きを抑え込みます。
そのためザガーロがうまく代謝されず、血中濃度が上昇する可能性があります。

これが腎機能の低下などを引き起こすとされていますので、事前に医師に相談するなど服用には慎重になりましょう。

AGA治療薬の入手方法

主なAGA治療薬であるプロペシア、ミノキシジル、ザガーロの入手方法には、以下の2通りがあります。
・病院処方
・通販(個人輸入)

ここでは病院処方と通販、それぞれのメリット・デメリットをご説明します。

病院処方

■メリット
・安全性の高さ

■デメリット
・高額な治療費

◎安全性の高さ
医薬品を処方するかどうかは医師が判断します。
患者の症状に鑑みて、「この患者なら服用しても問題ない」と医師が判断した場合のみ、医薬品が処方されます。

そのため安全性が保障されていますし、仮にその薬で症状が悪化しても、責任をもって適切な処置を施してくれます。

◎高額な治療費
逆にデメリットは、薬代の他に治療費がかかることです。
特にAGA治療は保険適用外のため、延べ20000円前後の治療費がかかる場合があります。
安全性は確立されていますが、経済的に余裕のない方には痛手かもしれません。

通販(個人輸入)

■メリット
・治療費がかからない
・ジェネリック医薬品が手に入る

■デメリット
・何が起こっても自己責任

◎治療費がかからない
AGA治療薬は海外の通販サイトから個人輸入という形でも手に入れることができます。
病院に行く必要がないため、治療費もかかりません。
ですので総額としては安く入手できます。

◎ジェネリック医薬品が手に入る。
海外の通販サイトでは、日本では未承認のジェネリック医薬品が手に入ります。
先発薬(新薬)と比べ10分の1程度の価格で購入できる場合もありますので、お金を掛けずに同様の効果を得たい方はオススメです。

ちなみにAGA治療薬のジェネリックは以下のようなものがあります。
■プロペシア
・フィンペシア
・フィンカー

■ミノキシジル
・Noxidil
・ミノクソール

■ザガーロ
・デュタス
・デュタボルブ

◎何が起こっても自己責任
海外の通販サイトの中には、購入者に偽造品を売りつける悪質なサイトもあります。
仮にそのようなサイトに騙されたとしても、購入の判断をしたのは自身なので補償などの対応はしてくれません。

また偽造品を服用したことで健康被害が発生しても、医師はその医薬品の成分を十分に把握できないため、適切な処置が施せません。

経済的なメリットと危険性のデメリットをきちんと把握したうえで、利用するかどうか判断しましょう。