• TOP
  • ヘルペス治療薬「ゾビラックス」は通販で購入可能?薬の特徴をご紹介

ヘルペス治療薬「ゾビラックス」は通販で購入可能?薬の特徴をご紹介

ゾビラックスとは

ゾビラックスとはヘルペス治療薬に使われる抗ウイルス薬です。
主成分は「アシクロビル」といいます。
イギリスのグラクソ・スミスクライン社が開発しました。

ここではゾビラックスの効果や副作用、注意点やジェネリック医薬品についてご紹介します。

ゾビラックスの効果

ゾビラックスの効果は下記の通りです。

  • ヘルペス(単純疱疹)の治療
  • 造血幹細胞移植が原因のヘルペス発症の抑制
  • 水ぼうそうや帯状疱疹の治療

ゾビラックスはウイルスの増殖に必要なDNA複製を妨げることでこれらの効果を発揮します。

ヘルペスの治療薬としての効果は、症状を早く治すことです。
ヘルペスは一度感染すると完治はしません。
ただし治療をしなくても、発症から2~4週間ほどで症状は消えます。
だからといって治るまで放置することはおすすめできません。
症状が悪化すれば、歩行や排尿が困難なほど激しい痛みが出ることがあります。
また、症状が出ている患部に触ることでウイルスは感染します。
症状が出ている限り人に移したり、自分の症状を広げてしまったりする恐れがあるのです。
そういったリスクを減らすためにも、早期の治療が必要です。
できるだけ早期にゾビラックスなどの治療薬を服用すれば、悪化する前に治ることが期待できます。

ゾビラックスの特徴

ゾビラックスは下記のような特徴があります。

  • 安全性が高い
  • 副作用が少ない
  • 薬の形状の種類が多い
  • 服用回数が多め

ゾビラックスは比較的長く使われている薬であり、安全性が高いと考えられています。
そのため子供の水ぼうそうを含め、ヘルペスウイルスが原因の感染症の治療に広く使われています。

薬の形状は錠剤や顆粒といった経口薬(飲み薬)、クリームや軟膏といった外用薬(塗り薬)、そして注射薬と様々です。
症状や状況に合う形状を選びやすいのも特徴です。

薬の吸収性があまりよくないので、服用回数は多めとなっています。
のちほど「ゾビラックスの飲み方」の項目でも触れますが、服用回数は1日5回です。

ゾビラックスの副作用

ゾビラックスの副作用は少ないです。
まれに下記のような症状が出ることがあります。

●比較的現れやすい副作用例

  • 下痢
  • 吐き気
  • 発疹
  • めまい
  • 眠くなる
  • 頭痛

●滅多に起こらない重い副作用例

  • アナフィラキシー(呼吸困難、手足の冷えやしびれ、蕁麻疹、顔やのどの腫れ・むくみ、血圧低下など)
  • 精神神経症状(意識障害、せん妄、幻覚、錯乱、痙攣、てんかん発作、麻痺など)
  • 急性腎障害(尿が少ないか出ない、むくみ、血尿、着色尿、尿の濁り、倦怠感、血圧上昇など)
  • 重い血液成分の異常(口内炎、血豆や青あざ、鼻血、歯肉出血など)
  • 重い皮膚症状(皮膚の痛みやかゆみ、発疹、ヘルペスとは違う水ぶくれ、膿、皮がむける、目が充血するなど)
  • 間質性肺炎(から咳、息苦しさなど)
  • 肝機能障害(肝炎、黄疸、食欲不振、倦怠感など)
  • 急性膵炎(吐き気や嘔吐、激しい腹痛がつづく、発熱など)

もしも重い副作用が出た場合はすぐに医師に相談してください。

ゾビラックスの飲み方

成人がゾビラックスを飲む時の用法・用量です。

●ヘルペス治療の場合
通常1回200mgを1日5回服用
この飲み方を5日続けても改善しない、または悪化する場合は医師に相談してください。

●造血幹細胞移植が原因のヘルペス発症の抑制の場合
通常移植する7日前から移植後35日まで、1回200mgを1日5回服用

●帯状疱疹の治療の場合
通常1回800mgを1日5回服用
この飲み方を7日続けても改善しない、または悪化する場合は医師に相談してください。

ゾビラックスの注意点

ゾビラックスを服用する際は薬の飲み合わせや体質、持病などに問題がないか確認しましょう。

併用禁忌

ゾビラックスには「併用禁忌薬」はありません。
併用禁忌とは飲み合わせが悪いため一緒に飲んではいけない組み合わせのことをいいます。

なお、過去にゾビラックスの成分で過敏症を起こしたことがある人は服用しないでください。

併用注意

ゾビラックスと一緒に飲む際は注意が必要な薬があります。

●ゾビラックスと一緒に飲むと血中濃度などに影響する恐れがある薬

  • プロベネシド(痛風の薬)
  • シメチジン(胃薬)
  • ミコフェノール酸 モフェチル(免疫抑制薬)

●ゾビラックスと一緒に飲むと中毒症状が現れる恐れがある薬

  • テオフィリン(喘息の薬)

これらの薬を服用している場合は、事前に医師や薬剤師に相談してください。

その他

薬の併用以外の注意事項です。

●ゾビラックスの服用の際注意が必要な人

  • 腎障害がある人
  • 肝障害がある人
  • 高齢者
  • 妊娠中・授乳中の人
  • 子供

高齢者や腎障害がある人は精神神経系の副作用が起こりやすいので特に注意が必要です。
また、脱水症状を起こしやすいので適切な水分補給を忘れないようにしましょう。
肝障害がある場合は、ゾビラックスの悪い影響が出る可能性があります。
その他、上記のいずれかに該当する場合は服用前に医師に相談してください。
薬の量などを調整する必要があるかもしれません。

●服用後の行動について
ごく稀に副作用として意識障害が現われる可能性があります。
車の運転など危険を伴う機械の操作、高所での作業などをする場合は注意が必要です。

ゾビラックスの入手方法

ゾビラックスは病院で処方してもらう方法のほかに、「個人輸入」扱いで通販でも手に入れられます。
どちらの方法にするかは自分の症状や状況に合う方法を選べばOKです。
メリット・デメリットを踏まえて考えてみましょう。

病院処方

病院へ行き、医師の診察を受け、医師に薬を処方してもらう方法です。

ヘルペスは比較的わかりやすい感染症です。
しかし誰もが最初から「これはヘルペスだ」と判断できるとは限りません。
そのため医師に診断してもらうことは大きなメリットとなります。
特に初めてヘルペスを発症した場合におすすめです。

一方性器ヘルペスの場合は特に、患部を医師に診せるのが嫌だという人がいます。
そういう人にとっては医師による診察がデメリットになるでしょう。
また、患部を診せることはよくても、通院する時間と手間、金銭的負担もデメリットとして考えられます。

なお、薬は医師の診断で決められるので、必ずしもゾビラックスを処方してもらえるとは限りません。

通販(個人輸入)

「個人輸入」という形でインターネットネット通販が可能です。
通院する手間や時間を節約でき、金銭的にも通院と比べて安価になります。

通販なので医師に患部を診せる心配がない点も大きなメリットです。
しかし逆にいえば医師や薬剤師による薬の説明を受けられません。
薬についてすべて自己責任になるのです。
薬の効果や副作用について、自分で十分調べる必要があります。
その点はデメリットといえるでしょう。

ゾビラックスのような処方薬は通常国内で通販できません。
しかし同じ成分で同じ効果があるジェネリック医薬品を個人輸入はできるのです。
「自分が使う目的」で「決められた範囲の数量以内」の購入であれば、許可されています。
「個人輸入」と聞くと難易度が高そうなイメージを持つかもしれません。
実際は輸入を代行してくれる「個人輸入代行サイト」があるので簡単にできます。
Amazonなどでゾビラックスは買えませんが、サイトの使い方はAmazonなどと大体同じです。

通販(個人輸入)では24時間いつでも注文できることもメリットです。
ただし注文から届くまでには10日~2週間ほど時間がかかります。
症状が出ていて、すぐに薬を使いたい場合には不向きでしょう。

ヘルペスは一度感染すると完治しません。
生涯にわたって再発を繰り返します。
再発する度に通院するのは大変なので、薬をストックしておく人も多く見受けられます。
その際には通販がおすすめです。

ゾビラックスのジェネリック

ゾビラックスと同じ成分で同じ効果があるジェネリック医薬品はどのような種類があるのでしょうか。
国内メーカーと海外のジェネリック医薬品の飲み薬・塗り薬をご紹介します。

アシクロビル錠

「アシクロビル錠」は日本のメーカーが製造・販売しているゾビラックスのジェネリック医薬品です。
さきほどご説明した「個人輸入」は、海外医薬品に適用されます。
そのため国内の商品であるアシクロビル錠は、通販では購入できません。
病院処方でのみ入手できます。

●1錠あたりの価格

200mg:約31円
400mg:約46円

アシビルDT

「アシビルDT」はインドのシプラ社が開発したゾビラックスのジェネリック医薬品です。
白色で丸い錠剤がパッケージされています。

お薬なびでは200mg/400mg/800mgが販売中です。

●販売価格

  • 200mg×100錠タイプ:1箱5600円…1錠あたり56円
  • 400mg×50錠タイプ:1箱6000円…1錠あたり120円
  • 800mg×50錠タイプ:1箱9600円…1錠あたり192円

ヘルペスの治療では1回あたり200mgの用量を服用するので、200mgがおすすめです。
帯状疱疹の知用では1回あたり800mgの用量になります。
1回の用量が800mgになればどの種類でも問題ありません。

アシビルクリーム

「アシビルクリーム」はアシビルDTと同じくインドのシプラ社が開発したゾビラックスのジェネリック医薬品です。
クリームタイプなので、症状が出ている箇所に直接塗って使います。
1日数回、適量を患部に塗ってください。
5日間は続けましょう。

お薬なびでは1本・3本・5本単位で購入できます。

●販売価格

  • 1本:650円
  • 3本:1850円
  • 5本:2920円