「帽子をかぶる人はハゲやすい」は嘘じゃない?薄毛対策を考えた帽子の被り方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
帽子ではげる

「帽子をかぶる人はハゲる」「室内で帽子をかぶるとハゲる」など、帽子と薄毛に関する説を聞いたことはありませんか?

私は子どもの頃からよく耳にしていました。

一度は聞いたことがあるこの通説、薄毛を気にするAGA治療をしている男としては本当かどうか気になるところです。

今回は「帽子で本当にハゲるの?」という疑問中心に、帽子と薄毛の関係について解説したいと思います。

ちなみに帽子以外にもヘルメットやかつらなどもほぼ同じことがいえるので、参考にしてみてください。

帽子をかぶる人はハゲやすいって本当?

帽子はげ
気になる帽子と薄毛の関係ですが、結論としては「帽子を被るとハゲる」は間違い、というか言い過ぎです。

しかし、帽子は薄毛リスクを上げる要因にはなり得ます
帽子によって、頭皮環境を悪化させる可能性があるのです。

帽子が招く薄毛リスク

帽子をかぶることによって上がるリスクとは、具体的にどのようなリスクでしょうか。

帽子の中が蒸れる

帽子を長時間かぶると、帽子の中は蒸れ、中の温度も上がります
歩いたり運動したりすればさらに帽子の中は蒸れ、熱もこもるでしょう。

こういった高温・多湿の頭皮環境では細菌やカビなどが繁殖しやすく、頭皮トラブルの原因になる可能性があります。

また、頭皮の蒸れが原因で、フケが出てかゆみを伴う脱毛症「脂漏性皮膚炎」になり薄毛になってしまう可能性もあります。

帽子を毎日長時間かぶる人は特に注意が必要です。

逆にファッションとしてたまに被る程度であれば、それが薄毛につながるとは考えにくいです。

帽子による締め付け

ニットキャップやサイズ小さめの帽子で頭を締め付けてしまっている場合、頭皮が血行不良になる可能性があります。
血行・血流は髪の毛の成長にはとても重要なものです。

頭皮環境のことを考えると、頭はできるだけ締め付けないほうがよいのです。

ちなみにAGA治療薬の中で唯一発毛効果のある「ミノキシジル」は、血行を促進して毛根に栄養を届けることで発毛を促進する働きをする薬です。

小さなヘアケア不足を招きやすくなる

日常的に帽子を被っている人であれば、日よっては入浴やシャンプーをせずに寝てしまう日もあるでしょう。

寝落ちハゲ

日常的に帽子を被ることは、そういった小さなヘアケア不足が積み重なっていくリスクがあるのです。

小さなヘアケア不足が積み重なると、頭皮に細菌が増え、毛穴に悪い影響を与え、抜け毛を増やすことにつながります。

また、ヘアケア不足が脂漏性皮膚炎などのトラブルを招き、その結果として薄毛につながる可能性もあります。

このように「帽子をかぶるとハゲる」という説には、「頭皮の高温多湿、締め付け、衛生面の要因で薄毛リスクが上がる」という事実が隠れているのです。

これでハゲない?帽子を被る時の注意

以上のことから、「帽子をかぶるとハゲる」は言い過ぎであるものの、薄毛の要因にはなり得るのだとお分かりいただけたと思います。

薄毛を進行させたくない場合、以下のことに気をつけてみてください。

帽子をかぶった後のヘアケアを忘れない

帽子で多少蒸れてしまっても、その後のヘアケアを忘れずにいればそこまで薄毛のリスクは上がりません

帽子をかぶった日はとくに、寝るまでに洗髪を忘れないようにしましょう。

優しく丁寧にシャンプーし、しっかりと乾かし、頭皮を清潔に保ってください

ちなみにこれはワックスなどスタイリング剤をつけた時や、たくさん汗をかいた時も同様です。

余分な皮脂や汚れをつけたまま寝ることは避けてください。

ただし、洗いすぎも注意が必要です。
洗髪は余分な皮脂だけをきちんと落とすのが理想です。

また、仕事などで毎日長時間帽子を被る必要がある人は、休みの日はなるべく帽子をかぶらないようにして、頭皮に休みをあげてください。

分け目を変えるのも効果的

いつも同じ分け目のまま帽子をかぶっていると、頭皮の同じ場所に負担がかかります。
日によって分け目を変えると頭皮の負担が分散されるのでオススメです。

気にする人は日に何度も分け目を変えることもあるようですが、いじりすぎ・気にしすぎは頭皮にも精神衛生にもよくないので、気づいた時に変える程度で大丈夫です。

気づいた時、たまに変えるようにしてみてください。

帽子選びにも注意

薄毛 帽子選び

薄毛を気にする場合、熱や湿気がなるべくこもらないよう、通気性のよい帽子を選びましょう
メッシュ生地などがオススメです。
長時間かぶる場合、夏場などはとくに注意が必要です。

また、締め付けが強いタイプ、サイズが小さいものは血行が悪くため避けましょう

仕事上帽子やヘルメットをどうしても長時間被る必要がある場合は、できるだけこまめに汗をふき取ったり、休憩中は脱いだりしてみてください。

着用する帽子は清潔を保つ

頭皮はもちろん、帽子を清潔に保つことも大切です。

帽子を毎日洗うのは難しいかもしれませんが、除菌スプレーす紫外線はげるる、よく乾かすなどしてできる限り清潔を保ちましょう。

汗をかいたまま放置し、臭いがある、湿ったままの状態の帽子をかぶると頭皮の雑菌繁殖リスクが上がります。

このように気を付けて、ケアさえしていれば帽子を完全に避ける必要はありません

紫外線が強い場合はむしろ被った方がよい

帽子は一概にハゲによくないわけではありません
頭皮にとって紫外線はよくないので、日差しが強いときはむしろ帽子を被ったほうが頭皮によいといえるでしょう。
帽子が良い・悪いではなく、頭皮のダメージを避けることが大切です。
帽子は紫外線を避けられるというメリットもあるということを覚えておきましょう。

「ハゲ」が先か「帽子」が先か

「帽子を被る人はハゲる」といわれる所以のひとつに、「薄毛を隠すために帽子を被る人が多い」ということがあります。
これが定着すると、余計に薄毛が進行してしまう可能性があります。

「薄毛の人は帽子を避けるべし」とは言いません。
ご説明した通り、ヘアケアや帽子選び、帽子の被り方に注意していれば、薄毛の人も帽子をあきらめる必要はないのです。

AGAの場合は薄毛治療が可能

ご説明してきた帽子による薄毛のリスクは主に頭皮環境が原因です。

しかし大半のAGA(男性型脱毛症)の原因は、男性ホルモンによるものです。

髪の毛はひとつの毛穴から生えて成長して自然に抜け落ち、そしてまた生えているというヘアサイクルがあります。
「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンの一種はそのヘアサイクルを乱し、長く太く成長する前の髪の毛を抜いてしまうのです。

帽子と男性ホルモンは、一切関係ありません
そのため帽子を被っていてもいなくても、ハゲる人はハゲます。

薄毛がAGAによるものであれば、治療が可能です。
帽子を気にするよりも、AGA治療薬で着実に抜け毛を阻止することをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。