• TOP
  • デュタストロンの効果や副作用は?手に入れるなら通販がお得?

デュタストロンの効果や副作用は?手に入れるなら通販がお得?

デュタストロンとは

デュタストロンはAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。
先発薬ザガーロのジェネリック医薬品として開発されました。
ザガーロと同等の成分を持ちながら、ザガーロより安価で売られています。

製造販売はインドの製薬会社レクメズ社が手掛けています。

デュタストロンの効果

デュタストロンはAGAを引き起こす原因物質を抑え込むことで、薄毛・脱毛の進行を抑えます。

AGAの背景には、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが関わっています。

DHTは最初から体内に存在しているわけではありません。
精巣から分泌されたテストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼⅡ型と呼ばれる酵素の作用で変換され、DHTが生み出されます。
このDHTが頭皮の細胞と結合することで、髪の毛は十分に成長できなくなり痩せ衰えます。
これが薄毛・脱毛の原因です。

つまりAGAは、5αリダクターゼⅡ型がDHTを生み出すことで発症します。
デュタストロンは、この5αリダクターゼⅡ型の作用を抑えることで、AGAの進行を遅れさせるのです。

デュタストロンの特徴

デュタストロンは、AGA治療薬ザガーロのジェネリック医薬品です。
ザガーロと同じ主成分デュタステリドが含まれていながら、ザガーロの5分の1程度の値段で販売されています。

通販サイトの中には、デュタストロンと発毛剤ミノキシジルをセットで売っているところもあります。
これら二つは、併用することでより強い発毛効果を得ることができるのです。

製造販売はインドの大手製薬会社レクメズ社が手掛けています。
レクメズ社は現地の日本人スタッフが監修に入り、日本人の体格などに合った薬を多く開発しています。

デュタストロンの副作用

デュタストロンの副作用として挙げられているのが、性機能の低下です。

デュタストロンには、AGAの原因であるDHTという男性ホルモンの増加を抑える作用があります。
この作用によって男性ホルモンが減少することが、性欲減退や勃起不全につながると考えられています。

調査によると、デュタストロン(正確には主成分デュタステリド)が副作用を起こす確率は17.1%(557例中95件)。
これはAGA治療薬プロペシアが副作用を引き起こす確率0.5%(943例中5件)を上回っています。
ですが17.1%のほとんどは軽い症状で、重い副作用が起こるのは稀です。
用法・用量を守れば安全な薬と言えるでしょう。

デュタストロンの飲み方

デュタストロンは1日1錠を毎日飲み続けてください。
服用のタイミングは決められていません。
朝食後や就寝前など、自分の好きな時に飲むことができます。

ただし服用の間隔は24時間ごとにしてください。
デュタストロンの成分は体内に長く残り続けます。
早く治したいからと必要以上に摂取すると副作用を引き起こす恐れがあります。

デュタストロンの効果が表れるまでに6ヶ月ほどの期間を要します。
慌てず、地道に治していきましょう。

デュタストロンの注意点

デュタストロンはAGA治療に強い効果を発揮します。
似たような作用を持つAGA治療薬プロペシアと比べて、3倍以上の効果があると言われています。
ただしその分、用法・用量や取り扱いには注意が必要です。

中でも気を付けるべきは、「併用禁忌」「併用注意」の薬です。

併用禁忌

薬を飲む際に「一緒に飲んではいけない薬」を併用禁忌と呼びます。
これを破ると、効果が必要以上に増強され、予期せぬ副作用を引き起こすことがあります。

幸い、デュタストロンには併用禁忌とされる薬はありません。
ですが「併用注意」の薬は報告されているため、確認が必要です。

併用注意

併用禁忌より危険度は下がりますが、「飲み合わせに注意が必要な薬」を併用注意と言います。
デュタストロンの併用禁忌の薬として挙げられるのが、水虫やカンジダの治療薬です。

これらの治療薬にはCYP3A4阻害作用が含まれています。
CYP3A4とは肝臓の代謝機能を担う酵素のひとつです。
その働きが妨げられると、デュタストロンはうまく分解されず、血中濃度が上昇します。
その結果、腎機能の低下など副作用を引き起こす場合があります。

そのため水虫やカンジダの治療薬など、CYP3A4阻害作用を含む薬とデュタストロンの飲み合わせには注意が必要です。
やむを得ず飲み合わせる場合には、事前にかかりつけの医師に相談しましょう。

その他

デュタストロンは以下に当てはまる人については、服用または接触が禁止されています。
・未成年
・女性(特に妊婦、授乳中の方)

■未成年
未成年が服用した場合の、デュタストロンの安全性は確認されていません。

またデュタストロンは、AGAの原因である男性ホルモンDHTの数を減少させる効果があります。
そしてこのDHTは男性器の発達に必要なホルモンです。
つまりデュタストロンを服用することで、未成年の男性器の発達を妨げることになります。

その点から、未成年のデュタストロンの服用は禁止されています。

■女性(妊婦、授乳中の方)
デュタストロンが治療するAGAは男性特有の脱毛症です。
そのため女性には効果がありません。

そして上述したようにデュタストロンは男性器の発達を妨げる作用があります。
つまり男の子を妊娠している女性がデュタストロンを服用すると、胎児の男性器に悪影響を及ぼすことになります。

またデュタストロンの成分は母乳にも入り込みます。
すると授乳を通して男児も成分を摂取することになり、これもまた男性器の発達を阻害しかねません。

以上の理由で女性がデュタストロンを服用することは禁じられています。

またデュタストロンの成分は皮膚からも吸収されます。
つまり触れただけでも上述した悪影響を及ぼす場合があるため、注意が必要です。

デュタストロンの通販

デュタストロンの販売価格は1錠あたり約70円です。
先発薬のザガーロが1カプセルあたり333円ほどの価格なので、その5分の1程度で売られています。

しかしインドの製薬会社が製造販売するデュタストロンは日本国内では流通していません。
そのため手に入れるには通販サイトを利用する必要があります。

一個人が、通販サイトを使って外国の製品を取り寄せることを個人輸入と言います。
個人輸入のメリットは、日本では手に入らない海外の薬が買えることです。

特にデュタストロンのようなジェネリック医薬品は、上述したように先発薬より安く販売しています。
また、いつどこからでも気軽に注文ができるため、お金だけでなく時間の節約にもつながります。

対して個人輸入のデメリットは、偽物に騙される恐れがあることです。
通販サイトは良質なサイトばかりではありません。
中には全く成分の含まれていない、あるいは余計な添加物で水増しした偽物を売りつける悪質なサイトも存在します。
偽物に騙されないためにも、そのような悪質なサイトの特徴を覚えておく必要があります。

悪質なサイトの特徴は以下の通りです。
・満点評価のレビューが非常に多い
・住所や電話番号などの連絡先が載っていない
・サイト自体の評判が悪い

特に三つ目の「サイト自体の評判」については、検索してみるとブログや掲示板などで様々な口コミを見ることができます。
中には「偽物が届いた」などの詐欺報告が書かれていることもあります。

このように、利用するサイトを選ぶにあたっては、自分の目だけでなく第三者の意見も参考にすることが大切です。

逆に良質なサイトにも特徴があります。
以下の特徴も踏まえることで、より確実に偽物から身を守ることができます。
・成分鑑定書(成分が正しく含まれていることを証明する書類)が添付されている
・運営歴が長い
・会員数(利用者)が多い

たとえば有名な医薬品通販サイト「お薬なび」は、運営歴11年、利用者は100万人を超えています。
また商品ごとに成分鑑定書が載せられています。

このように悪質サイトの特徴と良質サイトの特徴をあわせて覚えておくことが、偽物に騙されないための方法の一つです。