今すぐ確認!!抜け毛が多い人は毛根をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チェック

もしあなたが抜け毛を気にしているのであれば、そこら辺に落ちている自分の抜けた毛の「毛根」を今すぐチェックしてみましょう!!

毛根は髪の毛の健康状態のバロメーターでもあるのです。

そこで当ページでは、実は抜け毛の危険度のサイン!?今まで気にしてこなかったであろう毛根についてご紹介していきます!!

健康的な毛髪の毛根

まず、危険度の高い毛根の前に健康的な毛髪の毛根を知っておきましょう。

健康な毛根

毛根がマッチ棒のような形で、丸くぷっくりと膨らんでいればその髪の毛が健康的な証拠です。

毛根と逆に毛先の方が細くなっているのが理想的な健康な髪の毛と言えます。

毛根も白い

毛根をチェックした時に白いと不健康な状態なのかな?と、気になるかもしれませんが毛根が白いのは正常なのです。

髪の毛が成長する時に、毛根からメラニン色素を吸収して黒色になります。

そのため健康な状態で自然と抜けた髪の毛は、メラニン色素が毛先のほうに集中しているので、毛根が白かったり透明だったりするのです。

悪い抜け毛の毛根

NO

健康な状態の毛根を確認したので、次に悪い状態の抜け毛の毛根を紹介していきます。

毛根がない

髪の毛を自ら抜くと大体毛根の無い毛が抜けます。
もし自然に落ちた抜け毛で毛根が無いの毛が多い場合、AGAや円形脱毛症の可能性も考えられます。

自然に抜ける時は毛根と一緒に抜けていくはずなので要注意です。

毛髪がそもそも細い

細い毛根

毛髪が細い場合は毛乳頭への栄養が十分に行き渡っていない可能性があり、髪の毛自体が弱くなっていて抜けやすくなるのです。

10㎝以内でやせ細っている髪の毛が抜けるようでしたら要注意です。

毛根の先端に毛

毛根の毛

毛根の先にさらに毛がある場合、新しい毛が一緒に抜け落ちている状態です。

頭皮に毛根がうまい具合に根付いていないため、薄毛になる可能性が高いです。

根元の細胞はまだご健在な可能性が高いため、ストレスを発散したり、シャンプーの方法や生活習慣を見直しましょう。

毛根が黒い

黒い毛根

毛根が白くなく、黒い場合血の巡りが悪くなっている可能性があります。

髪の毛にも十分な栄養が必要で、その栄養は血液によって運ばれてきます。

血の巡りが悪いと栄養が運ばれてこず、栄養が足りていない不健康な髪の毛になります。

毛根が黒い場合、ある時期を境に髪の毛が一斉に抜け落ちる可能性があるので要注意です。

毛根が尖っている

尖った毛根

円形脱毛症の場合炎症によって毛根が破壊されて抜けてしまい、毛根が尖っていることが多いです。

ストレスだけでなく、ホルモンバランスの乱れや、免疫系、内臓などに問題が考えられます。

円形脱毛症だと、AGAと異なりAGA治療薬では治すことができませんので医師に相談しましょう。

毛根で健康状態が分かるのはなぜ?

疑問

脱毛には異常脱毛と自然脱毛の2種類があります。
正常のヘアサイクルによって抜けた髪の毛は自然脱毛で、髪の毛の寿命を全うした毛ですので毛根は正常な状態なのです。

しかし髪の毛の健康状態が悪い場合、何かしら問題があって抜けるので毛根にも異常が見られてしまうのです。

そして、上記で説明した悪い抜け毛の毛根ごとに原因が異なるのです。

毛根を見ることによって髪の毛の健康状態が分かり、危険な時は逆にサインになるのです。

プロペシアで毛髪を整えよう

プロペシア

AGA治療薬であるプロペシアは毛母細胞を活性化させ、乱れてしまったヘアサイクルを正常に戻す働きがあります。

もちろん元のヘアサイクルになるまでには時間がかかりますが、大体半年ほどで効果を得ることができます。

ヘアサイクルが通常になれば、毛根の健康状態もよくなり、太く長いコシのある新しい髪の毛が成長しやすくなります。

ぜひ自分の毛根をチェックしてみて、今の髪の毛の健康状態確認してみましょう!!

参考サイト:気になる抜け毛!毛根の状態で抜け毛の危険度!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。