• TOP
  • AGAを引き起こす原因とは?薄毛の改善方法もご紹介します

AGAを引き起こす原因とは?薄毛の改善方法もご紹介します

AGAとは

AGAとは、男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)の略称です。
主に成人男性によく現れる病気であり、薄毛の症状を引き起こします。
その原因は遺伝や男性ホルモンの影響によるもので、薬の服用や生活習慣の改善で治療が可能です。

AGAの症状

AGAの主な症状は、進行性の薄毛です。
頭頂部あるいは生え際から進行し、前者の場合はO型、後者の場合はM字型に薄くなっていきます。

そもそもこれらの症状は、頭髪の軟毛化に端を発します。
軟毛化とは、髪の毛が十分に成長できなくなり、痩せ細る現象のことです。
細い髪の毛が多くなることで、頭皮の見える割合が大きくなり、薄毛と感じるようになります。
また軟毛化した髪の毛は抜け落ちやすく、これにより毛量自体も少なくなってしまいます。

つまり頭頂部や生え際から軟毛化が進行することにより、薄毛の症状が引き起こされるのです。

では、この軟毛化という現象は、何を原因として発症するのでしょうか。

AGAの原因

AGA発症の主犯格は、体内に存在する5αリダクターゼという酵素です。
この5αリダクターゼがDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンを産生することで、薄毛の症状を引き起こします。
5αリダクターゼには1型と2型の2種類があり、それぞれ活動場所が異なります。

1型5αリダクターゼ

1型5αリダクターゼの主な活動場所は、以下の通りです。
・側頭部と後頭部
・皮脂腺

1型5αリダクターゼは側頭部と後頭部に存在しています。
そのため、前頭部(生え際)や頭頂部から進行するAGAとは、関連性は低いとされています。

しかし1型5αリダクターゼはAGAとは異なる要因で、薄毛を引き起こします。
その一つが、頭皮の脂です。

1型5αリダクターゼは「皮脂腺」と呼ばれる、脂を分泌する器官にも多く存在しています。
皮脂腺は頭皮にもあり、1型5αリダクターゼが活発に動くことで頭皮に脂が分泌されます。
この脂が頭皮環境を悪化させ、薄毛を引き起こす原因と成りうるのです。

したがって薄毛を予防するためには、1型5αリダクターゼを抑制して脂の分泌を減らす必要があります。
現在は1型5αリダクターゼの活動を抑えるザガーロというAGA治療薬も開発されているため、心配な方は服用しましょう。

2型5αリダクターゼ

1型とは異なり、2型5αリダクターゼのほとんどは前頭部と頭頂部に存在しています。
これらの箇所はAGAによる脱毛部位と一致するため、2型5αリダクターゼはAGAに強い影響を与えているとされています。

そもそもAGAは、5αリダクターゼによって生み出されたDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの作用で発症します。
そのDHTの7割は2型5αリダクターゼが作り出しています。
1型も3割程度は関与していますが、2型の作り出したDHTの方が作用が強いとされています。
そのため薄毛の症状も2型の分布場所である前頭部、頭頂部から進行していくのです。

ヘアサイクルの乱れ

そもそも5αリダクターゼによってDHTが産生されると、どうして薄毛になるのでしょうか。
それは、DHTの作用によって髪の毛のヘアサイクルが乱れるからです。

ヘアサイクルとは、髪の毛が生成されてから抜け落ちるまでに辿る周期のことで、以下の3段階に分類されます。
・成長期:生え始め~成長までの期間(2~6年)
・退行期:成長が終わり、衰弱していく期間(2週間)
・休止期:寿命を迎え、抜け落ちていく期間(3~4か月)

5αリダクターゼの働きで産生されたDHTは、髪の毛の毛乳頭細胞(髪の毛の生成を司る細胞)と結合し、成長期を数か月~1年程度に短縮します。
すると髪の毛は十分に成長できなくなり、痩せ細り、抜けやすくなります。
これが薄毛を引き起こす原因です。

AGAの治療・改善方法

AGAの治療・改善方法としては以下の4点が有効です。
・AGA治療薬の利用
・ストレスの解消
・食生活の改善
・適度な運動

それぞれ詳しく見ていきたいと思います。

AGA治療薬の利用

AGA治療薬として広く利用されているのは以下の3種類です。
・プロペシア
・ザガーロ
・ミノキシジル

■プロペシア
AGAを引き起こす直接の原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンです。
そしてDHTは5αリダクターゼという酵素によって産生されます。
プロペシアはこの5αリダクターゼの働きを阻害することで、間接的にAGA治療に寄与します。

■ザガーロ
基本的な働きはプロペシア同様、5αリダクターゼを阻害することです。
唯一の違いはプロペシアが1型5αリダクターゼのみに作用するのに対し、ザガーロは1型と2型両方に対応している点です。
そのためザガーロの方が高い効果を発揮します。

■ミノキシジル
大正製薬「リアップ」などの発毛剤に配合されている成分です。
頭皮の血管を拡張することで、栄養を髪の毛に行き渡らせ、成長を促進します。
また、毛母細胞(髪の毛を生成する細胞)の増殖を活発にすることで、発毛を促します。

いずれも効果が表れるまでに半年ほどの期間を要します。
その間、毎日欠かさず服用・利用する必要がありますので、飲み忘れ(塗り忘れ)のないように気を付けましょう。

ストレスの解消

「ストレスを溜めるとハゲる」とはよく聞く話だと思います。
実際のところ、ストレスと薄毛の関係は、未だ科学的に証明されていません。
しかし過度なストレスに晒されたことで、AGAや円形脱毛症を引き起こす人がいるのも確かです。

そういったストレスによる薄毛・脱毛の背景には、交感神経が関わっているとされています。

ストレスを感じると交感神経が乱れ、血管の収縮をもたらします。
すると頭皮に栄養が行き渡らなくなり、髪の毛が十分に成長できず痩せ細ってしまいます。
これが頭皮の露出と抜け毛の増加を招くのです。

薄毛を治療するためには、このストレスを少しでも溜め込まないことが大切です。
運動をしたり、友人とおしゃべりするなど、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

食生活の改善

カップラーメンやファストフードなど、不健康な食事を続けることで、AGAが発症する場合があります。
乱れた食生活は栄養不足を招き、髪の毛の生成に必要なエネルギーを作り出すことができません。
また油ものばかり摂ってしまうと皮脂の分泌を活発にし、頭皮環境を悪化させることにもなりかねません。

食生活を今一度見直し、健康的な食事を心がけましょう。

ちなみにAGA治療に効果のある栄養素として、以下の種類が挙げられます。

■たんぱく質(鶏肉、納豆、卵など)
髪の毛を構成するたんぱく質「ケラチン」を蓄えることができます。

■ビタミンB6(サバ、マグロなど)
たんぱく質「ケラチン」の生成を促進します。

■ビタミンE(アーモンド、ホウレンソウ、ブロッコリーなど)
血管を拡張させ栄養を行き渡らせる効果があります。

■亜鉛(牡蠣、レバー、いわしなど)
以下の効果があります。
・毛母細胞(髪の毛を作り出す細胞)の増殖を促進
・AGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制

適度な運動

運動には以下の効果があります。
・ストレス解消
・血行促進

上記の項目「ストレスの解消」でも説明した通り、ストレスを溜め込むことは薄毛の原因となり得ます。
運動をするとセロトニンという脳内物質が分泌され、心の安定と爽快感がもたらされます。
すると交感神経が正常に戻り、頭皮に栄養素が行き渡るようになるのです。

また、ストレス解消と少し重複しますが、運動には血行促進の効果もあります。
運動をすることで凝り固まった筋肉がほぐれ、血液循環が活発になります。
すると頭皮の血行もスムーズになりますので、髪の毛に栄養を送り届けられます。

運動と言っても筋トレや長距離のランニングなど、激しい有酸素運動を行う必要はありません。
むしろいきなり身体を酷使しすぎるとケガをする恐れがありますし、何より長続きしません。
最初は「エスカレーターではなく階段を使う」「一日三回ストレッチを行う」など、軽い運動から始めましょう。
そこから自分のペースで運動量を増やしていくのがベストです。

その他の薄毛

薄毛をもたらすのはAGAだけではありません。
以下の病気によって発症することもありますので、自身の症状がこれらに当てはまっていないか確認するようにしましょう。

脂漏性皮膚炎による脱毛症

■症状
脂漏性皮膚炎とは、皮脂分泌の多い頭皮や顔に見られる皮膚炎のことです。
具体的な症状は以下の通りです。
・頭皮のフケが多くなる
・かゆみや痛みを感じる
・眉毛や耳の裏側などが赤くなる

■原因
脂漏性皮膚炎がなぜ起こるのか、その原因は未だ解明されておりません。
一説によれば、人間の皮膚に常在する「マラセチア」というカビが影響しているのではと考えられています。
マラセチアは皮脂を好み、頭皮や顔に多く住み着きます。
皮脂を食べたマラセチアは、皮脂を分解する際に脂肪酸を生み出します。
この脂肪酸が炎症を引き起こすとされています。

治療法としては、以下の2種類の薬を使うのが良いとされています。
・ステロイド外用剤(塗り薬)
・ケトコナゾール

まずステロイド外用剤を使用し、かゆみや炎症を鎮めます。
次にケトコナゾールなどの抗真菌作用を持った塗り薬を使い、皮膚を正常な状態に近づけます。
この2つを併用することで、脂漏性皮膚炎を効果的に治療できます。

びまん性脱毛症

びまん(弥漫)とは、一面に広がっている状態を表す言葉です。
その意味の通り、びまん性脱毛症は髪の密度が全体的に低下する病気のことで、女性に多く見られる脱毛症の総称です。
びまん性脱毛症には主に2つの症状が含まれています。

■FAGA(女性の男性型脱毛症)
いわゆるAGAの女性版です。
AGAは生え際や頭頂部から進行していくのに対し、FAGAは頭部全体に薄毛の症状が現れます。

◎原因
女性の体には「エストロゲン」という女性ホルモンと、「テストステロン」という男性ホルモンの2種類が存在します。
もちろんエストロゲンの方が数は多いのですが、加齢や自律神経の乱れによってエストロゲンの分泌量が減少します。
これによって相対的にテストステロンが優位となり、抜け毛や薄毛が多くなるのです。

◎治療法
大正製薬「リアップ」などに配合されているミノキシジルという成分は、男女問わず発毛に効果があります。
これを使用することで頭皮の血管を拡張し、発毛に必要な栄養素を行き渡らせることができます。
また毛母細胞(髪の毛を作り出す細胞)の増殖を促すことで、新しい髪の毛を作り出すこともできます。

ちなみにAGA治療に利用されているプロペシアやザガーロは、女性には効果がありませんのでご注意ください。

■休止期脱毛症
「AGAの原因」で説明した通り、髪の毛にはヘアサイクルという周期があります。
「成長期」「退行期」「休止期」の3段階があり、通常は全体の髪の毛の10%ほどが「休止期」の段階にあります。
その「休止期」の段階にある髪の毛が20%ほどに増加することが、休止期脱毛症の症状です。
これによって抜け毛が増え、薄毛の症状を引き起こすのです。

◎治療法
残念ながら休止期脱毛症を引き起こす原因は特定されていないため、決定的な対策は未だありません。
そのためストレス解消、食生活の改善、睡眠時間の確保など、頭皮環境を整えることに専念するのが良いでしょう。
またFAGA同様、ミノキシジルは抜け落ちた髪の毛を補うことができるため、有効です。