「帽子でハゲる」は本当?薄毛のウワサ・都市伝説のウソ・本当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薄毛帽子

「帽子をかぶるとハゲる」「性欲が強い人はハゲる」「体毛が濃い人はハゲる」…
こういった薄毛に関する都市伝説的な噂を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?
そっち系のウワサって、実際のところどうなんでしょう?
大抵はただの都市伝説と思いきや、あながちウソとは言い切れないことや、本当のことも…?

今回は薄毛を気にする男性なら気になる”薄毛のウワサ・都市伝説“は本当なのか確認していきたいと思います。

「帽子を被るとハゲる」は本当?

→ウソ!とも言い切れない?△

「帽子を被るとハゲる」というのは、最も有名な薄毛都市伝説といえるのではないでしょうか。
私も子どもの頃からよくこのウワサを聞いていたと思います。

結論からいうと、帽子は直接的に薄毛の原因にはなりません。

AGAの原因は男性ホルモンであることがほとんど

AGA=男性型脱毛症は主に、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンが原因で起こります。
髪の毛はひとつの毛穴から生えて成長して自然に抜け落ち、そしてまた生えているというヘアサイクルがあります。
DHTはヘアサイクルを乱し、長く太く成長する前の髪の毛を抜いてしまうのです。

帽子と男性ホルモンはなんら関係ありません。
ただし、薄毛は男性ホルモン以外の要因、生活習慣や頭皮環境が原因で起こることもあります。

帽子と薄毛

薄毛と帽子
頭皮にとって紫外線はよくないので、日差しが強いときはむしろ帽子を被ったほうが頭皮によいといえるでしょう。
帽子が薄毛に直結するわけではありませんが、帽子が頭皮環境を悪化させた結果、薄毛の要因になる可能性はあります。

帽子の中の蒸れ

帽子やヘルメットを毎日長時間被ると、帽子の中は蒸れ、歩いたり運動したりすればさらに湿気がこもります
日常的に帽子を被っている人が、入浴やシャンプーせずに寝てしまうなどヘアケア不足になることもあるでしょう。

そういったことが積み重なり、細菌が増え毛穴に悪い影響を与え、抜け毛を増やす要因になり得るのです。
脂漏性皮膚炎などの感染症の原因になる可能性もあります。

締め付け

また、ニットキャップや小さめサイズの帽子で頭皮を締め付けている場合は、血行不良になる可能性があります。
血行・血流は髪の毛の成長に重要です。
頭皮環境的には頭はできるだけ締め付けないほうがよいのです。

ちなみに発毛剤の「ミノキシジル」は、血行を促進して毛根へ栄養を届けて発毛を促進する薬です。

「ハゲ」が先か「帽子」が先か

「帽子を被るとハゲる」といわれる所以のひとつに、「薄毛を隠すために帽子を被る」人が多いということがあります。
これが定着すると、余計に薄毛が進行してしまう可能性も。
帽子を長時間被るのであれば、通気性のよいものを選んで湿気がこもらないようにして、帰ったら優しく丁寧にシャンプーして頭皮を清潔に保ちましょう

「帽子を被るとハゲる」の真相

  • 帽子でハゲるとは限らないが要因のひとつとなる可能性はある
  • フッションとして被ることがあるくらいなら問題なし
  • 紫外線が強い時などは被ったほうがよい
  • 日常的に被っている人は注意!通気性のよい帽子を選んだり、清潔を心がけよう
  • 「性欲が強いとハゲやすい」は本当?

    →ウソ×

    これは医学的に証明されていません
    AGAの原因が男性ホルモンの一種であるため生まれた偏見だと思われます。

    性欲と薄毛

    さきほどAGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)であるとお話ししました。
    DHTは「テストステロン」という男性ホルモンが減少してくると5αリダクターゼという酵素の働きによって変化して作り出されるものです。
    このテストステロンが多いと性欲が高くなります。
    しかしそれは薄毛には関係ないのです。

    「性欲が強いとハゲやすい」の真相

  • 男性ホルモン「テストステロン」が多いと性欲は高くなる
  • 性欲とハゲは関係ない
  • 「毛深いとハゲやすい」は本当?

    →どちらともいえない△
    少々ややこしいのですが、まず、体毛が薄くてもAGAになる可能性はあります
    しかし毛深さが関係ないとは言い切れません。

    毛深さと薄毛

    体毛の濃さは遺伝で決まります
    ヒゲや体毛も男性ホルモン「テストステロン」の働きで発毛します。
    前述の通り、AGAはテストステロンが5αリダクターゼによって変化したジヒドロテストステロン(DHT)が原因で発症します。
    このDHTは、髪の毛以外の体毛は抜くどころか育てるという働きがあるのです。
    それゆえ「体毛が濃いとハゲやすい」という説が生まれたという見方ができます。

    ただし5αリダクターゼが多く活性であればDHTは多くなり、体毛が薄くてもAGA発症の可能性は高いです。

    「毛深いとハゲやすい」の真相

  • 必ずではないが、毛深い人は若干薄毛リスクが高いといえる
  • 「白髪の人はハゲない」は本当?

    →ウソ×
    老化によって頭髪が薄毛になるのではなく、白髪になる人はハゲないという俗説があります。

    これについてはウソと言ってよいでしょう。
    白髪と薄毛

    道行く人を見てみても、白髪が多い薄毛の人を見かけるのは珍しくないですよね。
    黒髪の人と比べると白髪の人のほうが薄毛が目立ちにくいため、この説が生まれたのかもしれません。

    髪の毛の色は「メラノサイト」という色素形成細胞で作られる「メラニン色素」で決まります。
    毛根にある毛母細胞から髪の毛が作られるときに、メラノサイトがメラニン色素を届けて髪の色になっていくのです。
    加齢などが原因でメラノサイトがうまく働かなくなってくるとメラニン色素が減り、白髪になります。

    これはAGAとは関係ありません

    ただし注意すべきことは、生活習慣の乱れで白髪が増えることもあるということです。
    生活習慣の乱れは薄毛の原因にもなるので、白髪と薄毛のどちらも進行する可能性があります。
    どちらの予防のためにも、偏った食事や睡眠不足、ストレスの溜めすぎには注意が必要です。

    「白髪の人はハゲない」の真相

  • 「白髪が多いからハゲない」などということはない
  • 生活習慣の乱れは白髪と薄毛、どちらの原因にもなり得る
  • 「ラーメンを食べすぎるとハゲる」は本当?

    →どちらかといえば本当△ただし…
    ラーメンが薄毛的によくない…薄毛を気にしていない人はこの説を知らない人も多いかと思います。
    しかし薄毛を気にして色々な情報を集めている男性は、この説を聞いたことがある人も多いのでは?
    ラーメンハゲ
    これに関しては、帽子の都市伝説と同じように、ウソとは言い切れない、どちらかといえば本当です。
    AGAは生活習慣の乱れで発症することもあります。
    なかでも、食事は重要です。

    薄毛対策としては栄養バランスのよい食事を心がけることが必要です。

    お察しの通り、ラーメンは塩分・糖質・脂肪分が多いですよね。
    塩分・糖質・脂肪分の摂りすぎは血流が悪くなる原因になります。
    そして血流が悪くなれば、頭皮に栄養がいきわたらず、薄毛の要因になるのです。
    栄養バランスについてはラーメンに限ったことではないですが、ラーメンを週に何度も食べたり、お酒の締めでラーメンを食べる習慣があったりする人は、薄毛リスクを高めているといえるでしょう。

    ラーメン禁止とまでは言いませんが、食べる頻度やラーメンを食べる前後の栄養バランスに気をつけるとよいでしょう。

    「ラーメンを食べすぎるとハゲる」の真相

  • 薄毛対策を考える上で食事は重要
  • ラーメンに限らず塩分・糖質・脂肪分の摂りすぎは薄毛リスクをあげる
  • 「細い髪の人はハゲる」は本当?

    →ウソ×

    私の友人は昔から髪の毛が細く猫っ毛で、よく「お前将来ハゲるよ」などとからかわれていました。
    時は経ち…彼はフサフサなまま、私はAGA治療を続けています。

    薄毛髪質

    生まれ持った髪質で将来ハゲるかどうかはわかりません
    生まれつき髪の毛が細いからといって将来ハゲるとは限らないのです。

    ただし、髪質の変化には注意が必要です。
    ハリやコシがあり太かった髪の毛が柔らかく、なんだか細くなってきた…?
    そういった変化は、薄毛になる前兆かもしれません。

    「細い髪の毛の人はハゲる」の真相

  • 生まれ持った髪質より、髪質の変化に注意すべし
  • ウワサに惑わされず正しく薄毛対策を

    いかがでしたでしょうか。
    髪の毛に関する都市伝説、色々ありますね。
    AGAを気にするのであれば、こういったウワサに惑わされず、原因を知ってしっかり対策していくことが重要です。

    薄毛が気になってきたら、AGA治療薬を検討してみてはいかがでしょうか。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。