• TOP
  • 男女で症状が違う?性病「クラミジア」の治療方法とは

男女で症状が違う?性病「クラミジア」の治療方法とは

クラミジアとは

クラミジアとは「クラミジア・トラコマチス」という病原菌が体内に入り込むことによって発症する性病(性感染症)です。
感染者数は非常に多く、国内で最もメジャーな性病となっています。
クラミジアの感染経路は性行為です。
性行為は通常のセックスだけでなく、オーラルセックスやアナルセックスも含みます。

クラミジアの種類

クラミジアは主に性器や口から感染します。
(その他、肛門や目に感染することもあります。)
女性器・男性器・咽頭(のど)、感染した場所によって違うクラミジアの症状について説明しましょう。

クラミジア性子宮頚菅炎

クラミジア性子宮頚管炎は、クラミジアが女性の子宮頚部に感染し引き起こされる炎症のことをいいます。
症状としてはこのようなものがあります。

  • おりものが増加する
  • 不正出血する
  • 下腹部が痛む
  • 性交痛が生じることがある

しかし症状が軽い、もしくは無症状である場合の方が多い病気です。
そのため自分で感染に気づくことが難しく、治療が遅れてしまうことが珍しくありません。
放置すれば感染が子宮頚部より奥に広がり、重い合併症を引き起こす原因になります。
また、それが不妊症の原因になることもあります。

妊婦の場合、懸念すべきは分娩時に赤ちゃんに感染することです。
子宮内で赤ちゃんに感染することはありませんが、産道では感染するのです。
赤ちゃんがクラミジアに感染すると、結膜炎や肺炎を発症することがあります。

クラミジア性咽頭感染症

クラミジア性咽頭感染症はクラミジアがのど(咽頭)に感染することをいいます。
クラミジアはオーラルセックス(性器を舐める行為)によってのどにも感染するのです。
しかし感染しても症状が出ることはほとんどありません。
症状が出る場合は、下記のような風邪に似た症状が出ます。

  • のどが腫れる
  • のどが痛くなる
  • 熱が出る など

クラミジア性咽頭感染症は症状があまり出ない上に、クラミジアが口から感染するとことの認知は低いのが現状です。
そのためのどからの感染はクラミジアの感染拡大の大きな要因になっています。
現代はとくにアダルトビデオなどの影響もあり、オーラルセックスに抵抗を持たない人が増えているのも要因のひとつです。
オーラルセックスを含む性行為をした後に性器のクラミジア感染が発覚したら、のどにも感染している可能性があると覚えておきましょう。

クラミジア性尿道炎

クラミジア性尿道炎はクラミジアが男性の尿道に感染し引き起こされる尿道炎です。
下記のような症状が出ることがあります。

  • 尿道にかゆみや不快感を感じる
  • 軽い排尿痛
  • 尿道から白~透明の膿が出る
  • 軽い発熱 など

クラミジア性子宮頚管炎や咽頭感染症と同じく、クラミジア性尿道炎の症状も軽いことがほとんどです。
そのため感染に気づかず放置してしまうケースが多く見受けられます。
感染を放置すればパートナーにうつるだけでなく、進行し精巣上体炎や前立腺炎、肝炎、腎炎などの合併症を引き起こす恐れがあります。
精巣上体炎とは精巣上体(副睾丸)が炎症を起こし、陰嚢が腫れて痛み、発熱するなどの症状が出る病気です。
重症化すると男性不妊の原因になる可能性があります。

クラミジアに感染してからどのくらいで発症する?

クラミジアに感染してから発症するまでの期間「潜伏期間」は、一般的に1~3週間です。
しかしクラミジア感染者の50~80%は無症状であるため、正確な潜伏期間を特定するのは難しくなっています。

クラミジアの検査方法は?

クラミジアの検査は病院の検査や検査キットでできます。

●病院で検査する場合

受診科は下記を参考にしてください。
女性(クラミジア性子宮頚管炎):婦人科、性病科
男女ともにのどの症状(クラミジア咽頭感染):耳鼻咽喉科
男性(クラミジア性尿道炎):泌尿器科、性病科

明らかな症状がある場合は保険適応されますが、症状がなければ自費診療になることがあります。
自費診療の場合の料金は検査代が4000円~、その他初診料や薬代がかかります。

●検査キットを使う場合

通販で検査キットが購入可能です。
料金は3000円~10000円ほどです。
検査キットでは100%正確な結果が得られるとは限りませんが、早期発見に役立っています。

クラミジアの治療法

クラミジアは細菌の増殖を抑えたり、殺菌する作用のある薬「抗菌薬」の服用で治療します。
冒頭でお伝えした通り、クラミジアは「クラミジア・トラコマチス」という細菌が体内に入り込むことで発症する病気です。
病原となる細菌が体内で増殖し、炎症を起こすのです。
抗菌薬で細菌の増殖を抑制、または殺菌すればクラミジアは治ります。

治療の際気をつけたいことは「ピンポン感染」です。
性病が完治しないまま性行為を行い、お互いに移し合ってしまうことを「ピンポン感染」といいます。
せっかく治療してもどちらかが感染した状態で性行為を行えば再び感染してしまいます。
そのため治療の際は、パートナーも一緒に治療することが重要です。
検査した結果どちらかは感染していないことがわかった場合も、相手が完治するまでは性行為は控えましょう。