プロペシア(フィナステリド)の効果や副作用、服用方法の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で初めて飲むAGA治療薬として承認されたプロペシア。
今では世界60か国以上でAGAに悩んでいる男性の第一選択薬として活躍しています。

当ページではプロペシア(成分フィナステリド)の効果や臨床試験、詳細な服用方法、副作用などを解説しています。

プロペシアの効果

プロペシアは次のような働きをします。

プロペシアの作用

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは「5α-還元酵素阻害薬」と呼ばれており、その名の通り「5α-還元酵素(2型)」を阻害する働きをする。

「5α-還元酵素」とは「5αリダクターゼ」とも呼ばれる、体内に存在する酵素のひとつです。

この5α-還元酵素と、「テストステロン」という男性ホルモンが結びつくことで、テストステロンは「ジヒドロテストステロン(DHT)」というより強力な男性ホルモンに変換されます。

AGAの主な原因は、このジヒドロテストステロンです。

AGAの原因▼
AGAの原因

通常髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、数年かけて髪の毛が抜けたり生えたりを繰り返します。

しかし、ジヒドロテストステロンが毛髪の成長を防いでしまい、十分に成長する前に抜けてしまうことによって、ヘアサイクルの周期が通常よりも短くなってしまうのです。
ヘアサイクルが短くなることによって、毛穴も完全に閉じ切って髪の毛が生えてこなくなり、徐々に薄毛になってしまうのです。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンと5α-還元酵素が結びつかなければ生成されません。
つまり5α-還元酵素の働きを抑えればAGAの進行を食い止められるのです。

プロペシアは、5α-還元酵素(2型※)の働きを抑制する効果があるのです。
※5α-還元酵素には1型と2型があり、プロペシアは2型を抑制します。

プロペシアを継続して服用することで、ジヒドロテストステロンが生成されなくなります。

これにより、ヘアサイクルを元の周期に戻し、脱毛を防げるようになるのです。

プロペシアでは発毛効果は得られない

プロペシアの有効成分であるフィナステリドはヘアサイクルを通常に戻すことで、抜け毛を予防することができます。
抜け毛の予防なので、決して発毛効果が認められているわけではないのです。

しかし臨床試験では、多くの服用者から発毛していると報告されており、抜け毛の抑制だけで無く発毛することもあります。

抜け毛の進行がひどいと治療できないこともあるので、薄毛が気になりだしたらなるべく早い段階で治療を始めましょう。

発毛効果を得たい場合、ミノキシジル成分であれば唯一発毛効果が認められています。
ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、他のAGA治療薬と併用することによって更なる効果が期待できます。

プロペシアが効かない?!

プロペシアの服用を半年以上続けたのに、抜け毛が増えてしまった場合プロペシアが合っていない可能性があります。

プロペシアはAGAの原因である、ジヒドロテストステロン(DHT)を生成する5α-還元酵素の「2型」に対して作用し、DHTの生成を抑えます。

5α-還元酵素には「2型」の他に「1型」も存在しているので、効果が不十分な場合があるのです。

半年以上プロペシアを服用しても効果が得られない場合、新しいAGA治療薬であるザガーロであれば「1型」「2型」ともに阻害してくれるので、効果を発揮できるかもしれません。

安全性の観点から、プロペシアを推奨している医師が多いですが、ザガーロに切り替えるのも一つの方法です。

プロペシアを服用した人のビフォーアフター

実際に効果があるのは分かったけど、服用したらどれくらい生えるの?

これは個人差もあるので一概には言えないものの、ここでは実際に服用した人たちのビフォーアフターを写真で紹介します。

このように、プロペシアは臨床試験で効果が認められているだけあり、しっかり発毛効果を写真越しでも確認する事ができます。
※効果には個人差があります。

プロペシアの臨床試験結果

プロペシアの臨床試験結果

プロペシア(フィナステリド1㎎)1日1回を3年間継続して服用した場合、98%の割合でAGAが進行しなかったとプロペシアを開発したMSDが試験結果として報告しています。

その他にも、プロペシア(フィナステリド1㎎)を1日1回服用を続けた場合、1年後、2年後、3年後それぞれAGAの改善、維持の割合の結果も報告されています。

プロペシアを使ったAGA改善率

改善% 維持% 進行%
1年後 58% 40% 2%
2年後 68% 31% 1%
3年後 78% 20% 2%

上記のグラフからもわかるように継続して服用すればするほど、AGAの改善を認める人が多くなっています。

ガイドラインでも推奨

2017年版の男性型および女性脱毛症診療ガイドライン(日本皮膚学会)にて、プロペシアの有効成分であるフィナステリドの服用の有効について記載がありました。

解説
推奨度:A 行うよう強く勧める
推奨度:B 行うよう勧める
推奨度:C1 行ってもよい
推奨度:C2 行わないほうがよい
推奨度:D 行うべきではない

フィナステリドは男性型脱毛症に対して推奨度は一番高いA(A~Dまである)で、「行うよう強く勧める」に分類されています。
因みに女性脱毛症はDで「行うべきではない」に分類されています。

このようにプロペシアの有効成分フィナステリドは、日本皮膚学会においてもAGA治療に強く推奨されているのです。

参照:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

プロペシアの服用方法

薬剤師

プロペシアでAGA治療をしていくにあたり、やはり大事なのは服用方法です。

効果を更に得たい理由などから、大量にプロペシアを飲んでも決して良い効果を得ることはできません。

それどころか、強い副作用を引き起こしてしまう可能性があります。
正しい服用方法で、AGAを治療していきましょう。

服用する時間帯

プロペシアに服用が好ましい時間帯はありませんが、毎日同じ時間に服用するのが推奨されています。

フィナステリドの効果は24時間以内と限定されているので、24時間を大幅に過ぎてしまうと好ましい効果を得ることができないのです。

そのため毎日同じ時間に飲むようにしましょう。

毎日同じ時間に飲むことによって習慣づけることができるので、飲み忘れ防止にもなります。

推奨期間

プロペシアは早い人の場合3ヶ月ほどで効果が現れる場合もありますが、最低でも半年間以上は飲み続けたほうがいいと言われています。

服用を続ければ続けるほど改善できたと報告する人が多くなっています。

特に効果を実感できるのが半年~1年の間になりますので、途中であきらめず服用を続けましょう。
もちろん体に異常や副作用が気になる場合は、すぐに服用を中止して医師に相談して下さい。

プロペシアの副作用

プロペシアは比較的副作用の少ない医薬品ですが、可能性はゼロではありません。

服用で起こり得る副作用はこちら。

・過敏症:発疹、蕁麻疹、そう痒症、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
・生殖器:勃起機能不全、リビドー減退、射精障害、精液量減少、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)、睾丸痛、血精液症
・肝臓:AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、その他重篤な副作用としての肝機能障害
・その他:乳房肥大、乳房圧痛、眩暈、抑うつ症状、めまい

プロペシアについて調べている方の中には、「プロペシアを飲んだらEDになる」「性欲がなくなる」という話を聞き、不安に思っている方もいます。

確かに、プロペシアの副作用の中で最も出現率が高いのは、勃起機能障害やリビドー減退(性欲減少)などの男性機能の低下です。

しかし、市販後の調査によると、これら男性機能低下の発生率は1%未満だったそうです。

ちなみに乳房肥大など女性のように胸が膨らむといった女性化系の副作用を懸念されている方もいますが、こちらの発現率も極めて低く、頻度不明となっています。

プロペシアの副作用の中で一番重いのが、肝機能障害です。

きわめてまれな副作用ですが、もしけん怠感、食欲不振、吐き気、嘔吐、発疹、発熱、かゆみ、皮膚や白目が黄色、尿が茶色などという初期症状が出た場合は、医師に相談して下さい。

副作用の頻度

副作用は臨床試験において、943例中、5件のみ副作用が認められたと報告されています。
この確率は0.5%で、1000人に対して5人程度しか副作用が見られないということになります。

そのためプロペシアの副作用が起こる確率は非常に低く、安全性の高い医薬品と言えるでしょう。

プロペシアの副作用に関するQ&A

プロペシアの副作用に関するQ&Aをまとめてみました。

Q1.長期間飲むと副作用は出やすい?

プロペシアは継続して飲み続けないといけないらしいが、長期間プロペシアを服用することで副作用が増えたり、でやすくなたりするのでしょうか?

A.プロペシアを長期投与しても、服用期間が増えれば副作用が増えることはありません

Q2.うつ病治療中も服用OK?

新しくプロペシアの副作用に抑うつ症状が追加されたのですが、うつ病治療中に服用しても大丈夫ですか?

A.プロペシアに併用禁忌の医薬品は報告されていないので、うつ病治療薬と一緒に飲んでも問題ないと考えられています。プロペシアの服用によるうつ症状の悪化については、因果関係が明確にされていませんが、抑うつ症状が副作用に追加になっているため、かかりつけ医に相談してみましょう

Q3.もしもEDになったら…

プロペシアの副作用でEDになった場合、プロペシアの服用を中止しなければいけないですか?

A.プロペシアが原因でEDになった場合、プロペシアを中止すればEDは治ります
もしそのままプロペシアの服用を続けたい場合は、バイアグラなどのED治療薬を使うことで改善できます
プロペシアとED治療薬の併用は問題ないと考えられています。

Q4.妊活に影響はある?

不妊治療をしている時もプロペシアを飲んでよいのでしょうか?

A. 勃起不全や精液量減少などの副作用が起こった場合、男性不妊の一員になる可能性があります。
可能性は極めて低いですが、本気で妊活をしているときなど、場合によっては休止も視野に入れる必要があるかもしれません。
パートナーと相談することをオススメします。

プロペシアの併用禁忌と注意薬

プロペシアは現在併用禁忌薬、併用注意薬、共に報告されていません。

そのため一緒に飲むことができないお薬はないので、現在飲んでいる薬があるとしてもプロペシア、もしくはプロペシアジェネリックを飲むことができます。

詳しく知りたい、それでも不安だと言う方はAGA専門の医師に相談しましょう。

プロペシアを服用できない人

プロペシアは女性、未成年は服用することができません。

特に妊娠中、授乳中の方は服用が禁忌になっており、プロペシアの錠剤に触れることもできません。

プロペシアの有効成分フィナステリドが、男児や胎児の生殖器に対し成長の異常をきたす可能性があるからです。

このことから、女性でFAGA(女性男性型脱毛症)でお悩みでも、プロペシアを服用することはできません。
AGAクリニックでは女性の場合、ミノキシジル成分の外用薬や内服薬が処方されています。

未成年は日本国内での臨床試験が20歳以上からで、安全性が確立されていないため服用ができません。

効果と副作用を理解してプロペシアを使用

プロペシア(成分フィナステリド)の効果と副作用、服用方法や注意点などについてご紹介しました。

これらを正しく理解できたら、安心してプロペシアを続けることができると思います。

長く付き合う薬なので、自分の身体の様子をよく見ながら服用しましょう。

参考サイト
・医療用医薬品 : プロペシア
https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00051088
・フィナステリド:プロペシア
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se24/se249900X.html

SNSでもご購読できます。