• TOP
  • ミノキシジルタブレットの効果や特徴は?副作用ってあるの?

ミノキシジルタブレットの効果や特徴は?副作用ってあるの?

ミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルタブレットとは、AGA(男性型脱毛症)の治療に使われる医薬品です。
血管拡張効果と毛母細胞の活性化によって発毛を促します。

フィリピンの製薬会社ロイドラボラトリーズ社が製造販売しています。
主成分としてミノキシジルが含まれています。

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットには以下の効果があります。
・血管拡張効果
・毛母細胞の活性化

■血管拡張効果
血管を拡げることで栄養の通り道を確保し、髪の毛の成長を促します。

人間と同じように髪の毛の成長には栄養が必要不可欠です。
栄養が不足していると髪の毛は細く痩せ衰えてしまいます。
これが頭皮の露出と抜け毛の増加を招きます。

ミノキシジルタブレットは血管を拡張させることで栄養を頭皮に送り届け、弱った髪の毛にハリとコシを戻します。

■毛母細胞の活性化
毛母細胞は、髪の毛を作り出す細胞です。
「髪の毛を作れ」と指示された毛母細胞は自ら分裂と増殖を繰り返し、髪の毛を作り出します。
ミノキシジルタブレットはこの髪の毛の生成を指示する因子を増やすことで、毛母細胞の働きを活発にします。
これが発毛効果へと繋がるのです。

ミノキシジルタブレットの特徴

ミノキシジルタブレットは先発薬ロニテンのジェネリック医薬品です。
ロニテンは元々、高血圧治療薬として開発されました。
その副作用として発毛効果が認められたため、AGAの治療にも使われるようになりました。

ミノキシジルタブレットは文字通り、ミノキシジルを主成分としています。
ミノキシジルを主成分とする医薬品には外用薬(塗り薬)と内服薬(錠剤タイプ)の2種類があります。
ミノキシジルタブレットは内服薬に含まれます。

ミノキシジルの内服薬には頭痛、めまいなどの副作用が報告されています。
そのため日本では未だに承認されておらず、ドラッグストアや国内通販サイトでは購入できません。
ミノキシジルタブレットを手に入れるには海外から取り寄せる必要があります。

ミノキシジルタブレットの副作用

試験調査によると、ミノキシジルタブレットには以下の副作用が報告されています。
・頭痛、めまい
・むくみ
・動悸、息切れ

■頭痛、めまい
ミノキシジルタブレットには血管を拡げることで頭皮に栄養を行き渡らせる効果があります。
この血管拡張によって一気に血圧が下がり、頭痛やめまいを引き起こす要因となります。

■むくみ
血管が拡がると血液の濃度が薄くなります。
すると身体は濃度を元に戻そうと、血液中の水分を排出します。
この排出された水分が溜まることで、むくみとなることがあります。

■動悸、息切れ
血管が拡張されると、それに伴い心臓の動きも激しくなります。
すると運動後のような動悸、息切れを引き起こすことがあります。

ミノキシジルタブレットの飲み方

1日1錠を毎日服用します。
食後・食前のような服用するタイミングの指定はありません。
朝食前や就寝前など、好きな時間に飲むことができます。
一日でも飲み忘れると効果が途切れてしまいますので、服用を習慣づけましょう。

ミノキシジルタブレットは2.5mg、5mg、10mgの3種類が販売されています。
主成分ミノキシジルの服用上限は10mgとされていますが、初めての方は2.5mgか5mgから始めるのが良いでしょう。
自分に合わない量を摂取すると、副作用を招く恐れがあるからです。

それでも不安な方は事前に医師に相談して、判断を仰ぎましょう。

ミノキシジルタブレットの注意点

薬には「飲み合わせてはいけない薬」と「飲み合わせに注意が必要な薬」があります。
前者を「併用禁忌」、後者を「併用注意」といいます。
これらを破ると、効果が相殺されたり、逆に効果が倍増して予期せぬ副作用を起こす恐れがあります。

併用禁忌

以下の成分・医薬品が併用禁忌とされています。
・降圧剤
・イブプロフェン(解熱剤・鎮痛剤に使われる成分)
・ED治療薬(バイアグラなど)

いずれも血管拡張効果を持ち、摂取すると血圧が下がります。
ミノキシジルタブレットにも同じ作用があるため、飲み合わせると急激に血圧が低下します。
その結果、頭痛、めまい、動悸などの副作用を招きかねません。

その他にも血圧を低下させる薬は危ないですので、服用の前にきちんと確認しましょう。

併用注意

現在、併用注意の薬は報告されていません。
しかしミノキシジルタブレットには副作用がありますので、素人判断で飲み合わせるのは危険です。
併用しても大丈夫な薬かどうか、事前に医師や薬剤師に相談しましょう。

その他

その他の注意点として、「初期脱毛」が挙げられます。
ミノキシジルタブレットを使い始めたばかりの頃、一時的に抜け毛が多くなることがあります。
この症状を「初期脱毛」と呼びます。
これはミノキシジルタブレットのせいで悪化したわけではなく、むしろ効果が正常に表れている証拠です。

ミノキシジルタブレットを使い始めると、毛母細胞(髪の毛を作り出す細胞)が活性化し、発毛が促進されます。
すると弱った髪の毛が新しい髪の毛に押し出されて抜け落ちます。
これが初期脱毛の原因です。
決して脱毛が悪化しているわけではありませんので、安心して服用を続けてください。

また、初期脱毛は服用した人全員に起こるわけではありませんので、その点もご留意ください。

ミノキシジルタブレットの通販

ミノキシジルタブレットは基本的に一般の病院では処方されません。
手に入れるには、通販サイトを使って海外から個人輸入する必要があります。

個人輸入とは、文字通り個人的に外国製品を海外のメーカーなどから取り寄せることです。
個人での使用が条件のため、購入した品を許可なく第三者に渡したり売ったりする行為は禁止されています。

通販サイトでのミノキシジルタブレットの販売価格は、1錠あたり23~27円です。
病院で処方される内服薬は1錠あたり150円ほどなので、およそ15~20%の値段で手に入ります。
なるべくお金を掛けずに髪を生やしたいという方には重宝されています。

しかし中には、巧妙に細工した偽物を売りつけるサイトも存在します。
その悪質なサイトを見分けるには、以下の要素に当てはまるかどうか確認しましょう。
・住所などの連絡先が書かれていない
・高評価のレビューがほとんど
・所々日本語が怪しい など

他にもサイト名で検索してみると詐欺被害が報告されている場合があります。
事前に口コミや評判を調べるなどして、騙されないように気を付けましょう。