• TOP
  • 梅毒は症状が消えても治っていない?症状と治療薬のキホン

梅毒は症状が消えても治っていない?症状と治療薬のキホン

梅毒とは

梅毒は梅毒トレポネーマという病原体に感染することで発症する性感染症です。 性器や全身にしこりや潰瘍・あざ・発疹など皮膚に特徴的な症状が出ます。

通常のセックスのほか、オーラルセックス・アナルセックスといった性行為で感染します。
口に感染していれば、キスでも移ることがあります。
また、妊娠中の感染で母体感染する可能性もあります。

梅毒の症状

梅毒の症状は段階ごとに出ては消えを繰り返しながら進行していきます。
症状が消えると治ったと思い込んでしまうことがありますが、梅毒は治療しなければ治りません。
完治させることが可能なので、もしも感染したときは早期に治療を行いましょう。

なお、症状は第Ⅰ期~第Ⅳ期で観察されますが、現在はほとんどの場合第Ⅱ期までに治療されます。

第Ⅰ期 感染後約3週間

感染後3週間~3か月の初期にはこのような症状が出ます。

  • 性器や口唇・口腔内など、感染した部位にしこりができる(痛みを感じないことが多い)
  • 鼠径部(股の付け根)のリンパ節が腫れる

こういった症状は治療をしなくても数週間で自然に消えます。

検査するタイミングは、感染してから1か月後以降である必要があります。 それより以前に検査を受けても陽性反応が出ない可能性あるためです。

第Ⅱ期 感染後数か月

第Ⅰ期の症状が消えてから4週間~10週間、感染してから約3か月後にこのような症状が出ます。

  • 手のひらや足の裏、顔面を含む全身にバラ疹と呼ばれる赤い発疹が広がる
  • 肛門や性器に扁平コンジローマと呼ばれるイボが多数発生
  • 倦怠感・発熱・関節など風邪に似た症状
  • 脱毛症状

これらの症状も、治療しなくても数週間~数か月で消え、再発と消失を繰り返すことがあります。

目立つ症状が治まると「治った」と勘違いしやすいですが、治療しなければ体内に病原菌は残っています。
この期に治療しなければ、数年後に臓器の重篤な障害につながる恐れがあります。

潜伏期

感染後に症状が出ない期間を潜伏期、または潜伏梅毒といいます。
主に第Ⅰ期の症状が消えてから第Ⅱ期の症状が出るまでの期間、第Ⅱ期の症状が消えたあとの期間を指します。

梅毒の潜伏期は前期と後期に分けて考えられており、感染後約1年までを前期潜伏期、感染後1年以上のものを後期潜伏期と呼びます。
後期潜伏期には数年~数十年経過した状態も含み、この期間は感染力は持たないといわれています。

晩期顕性梅毒(感染後数年)

治療しないまま数年~数十年の長い潜伏期を過ごすと、晩期顕性梅毒と呼ばれる症状が表れます。

  • 皮膚・筋肉・骨にゴム腫と呼ばれる大きなゴムのような腫瘍が発生する
  • 臓器に多数の腫瘍が発生
  • 心臓や血管に病変が起こる
  • 脊髄癆・進行麻痺

ゴム腫の発生あとに、麻痺など脳や血管、神経に重篤な障害が起こり、命にかかわることもあります。

治療法がなかった時代は梅毒でこのような症状を起こし、多くの人が亡くなりました。
医療が進んだ現代では、このような症状はほとんど見られません。

妊娠中の梅毒のリスク

妊娠中に梅毒に感染すると、胎児に母子感染し先天性梅毒になる可能性があります。
妊娠中に胎盤を通して感染、もしくは出産の際に産道で感染するのです。

妊娠中の梅毒感染は下記のリスクがあります。

  • 流産
  • 早産
  • 死産
  • 新生児死亡
  • 低体重

先天性梅毒は早期先天性梅毒と、晩期先天性梅毒があります。
2/3の赤ちゃんは生まれた時は無症状です。

早期の場合生後3ヵ月でこのような症状が表れます。

  • 水疱性発疹などの皮膚病変
  • 鼻閉
  • 全身のリンパの腫れ
  • 肝臓・脾臓の増大
  • 発熱
  • 肺炎

晩期先天性梅毒は、小学校以降に表れます。

  • 実質性角膜炎
  • 内耳性難聴
  • ハッチンソン歯(前歯の形成不全)

妊娠中の感染は母体だけでなく赤ちゃんにも様々なリスクを負わせます。
妊娠中も治療は可能です。
心配なことがあれば医師に相談しましょう。

梅毒の治療薬

性病を含む感染症の治療には、細菌を殺菌する作用のある薬、抗生物質が用いられます。
抗生物質には様々な種類があります。
ここでは梅毒の治療に有効とされている抗生物質で、通販でも購入可能な3種類の薬について簡単にご紹介します。

ミノマイシン(ミノサイクリン)

ミノマイシンはファイザー社が製造している抗生物質の一種です。
抗生物質の中でテトラサイクリン系という種類に分類されます。
梅毒の治療では、ペニシリン系抗菌薬にアレルギーがある場合などに用いられます。

一般名をミノサイクリンといい、ジェネリック医薬品があります。
通販では、ライフパートナーで100㎎×10錠タイプは1箱1800円、100㎎×50錠タイプは1箱7200円で購入可能です。

サワシリン(アモキシシリン)

サワシリンはペニシリン系抗生物質のひとつです。
英国に本社を置く現在のグラクソ・スミスクライン社が開発しました。
主に梅毒の治療薬として使われている薬です。
その他皮膚科・耳鼻科・梅毒以外の性感染症など、感染症治療薬として広い領域で用いられることがあります。

一般名をアモキシシリンといい、ジェネリック医薬品が通販で購入可能です。
お薬なびでは500㎎×21錠タイプは1箱1900円、500㎎×42錠タイプは1箱3420円で買うことができます。

ビクシリン(アンピシリン)

ビクシリンはサワシリンと同じく、ペニシリン系の抗生物質です。
先発薬は日本の企業、Meiji Seikaファルマ社が製造しています。
中耳炎、扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、尿路感染症などの感染症に用いられることが多い薬です。

一般名をアンピシリンといい、ジェネリック医薬品があります。
注射剤・錠剤・カプセルと様々な剤形がありますが、通販ではカプセルタイプが購入可能です。
ベストケンコーでは250㎎×100錠タイプは1箱4065円、2箱まとめ買いで1箱あたり2373円で購入できます。

まとめ

梅毒は古くからある性病で、作曲家のシューベルトや画家のゴッホなども感染していたという説があります。
しかし古い病気というわけではなく、現在も日本を含む多くの国で感染者が増加しています。
国内ではとくに2010年以降増加し、2017年には44年ぶりに感染者が5000人を超えました。
2018年には暫定6923人となり、現在も増加中と考えられます。

梅毒はオーラルセックスやキスでも感染する可能性がある、誰しも感染する可能性がある病気です。

  • 梅毒は今も増えている
  • 梅毒治療すれば完治させることができる
  • 梅毒は治療しなければ絶対に治ることはない

と覚えておいてください。
もしも感染してしまったら、早期に治療ししっかり管理させましょう。