• TOP
  • 「クラリス」は飲み合わせに注意?知っておきたい効果・特徴・注意事項

「クラリス」は飲み合わせに注意?知っておきたい効果・特徴・注意事項

クラリスとは

クラリスとは日本の企業、大正製薬が開発した抗生物質のひとつです。
主成分は「クラリスロマイシン」といいます。
マクロライド系抗生物質に分類され、同系にはジスロマックなどがあげれます。

抗生物質クラリスとはどのような薬なのでしょうか。
効果や特徴、飲み方や入手方法などについてご紹介します。

クラリスの効果

抗生物質は細菌の増殖を抑える働きをします。
クラリスを含むマクロライド抗生物質は「蛋白合成阻害薬」に分類されます。
細菌の増殖に不可欠なタンパク質合成を阻害する働きをする抗生物質なのです。
また、用量によっては細菌増殖の抑制だけでなく殺菌する働きもします。

感染症は体内に病原となる細菌等が入り込み、増殖して発症します。
それを抑え、感染症を治す目的で抗生物質が使われるのです。

呼吸器科、耳鼻科、皮膚科、歯科など広い領域で感染症の治療薬として用いられています。
また、結核菌以外の抗酸菌が肺に感染して起こる非結核性抗酸菌症や、胃潰瘍などの原因となるピロリ菌の除菌療法にも使われます。

【クラリスの効果が期待できる病気の例】

咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、尿道炎・子宮頚管炎(クラミジア感染症によるものを含む)、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、非結核性抗酸菌、ヘリコバクターピロリ感染症など

クラリスの特徴

クラリスは胃酸の影響を受けにくいため、体内によく吸収されるという特徴があります。
薬は全身に循環する血液中に移行して効果を示します。
吸収がよいということは、薬の目的地にきちんと運ばれやすいということです。

クラリスは少ない量を長期にわたって服用し続ける「マクロライド長期少量投与方法」で効果を出しやすい薬です。
慢性副鼻腔炎やびまん性汎細気管支炎などの治療にはよくこの方法が用いられます。
アレルギーを引き起こすことが少なく、長期間続けても大きな副作用は出にくいことも特徴です。
ただし、他の薬との飲み合わせには注意が必要です。飲み合わせにについては後ほどご説明します。

薬の形状は錠剤・ドライシロップ・小児用など様々です。

クラリスの副作用

クラリスの副作用により下痢や軟便、味覚障害などが起こることがあります。
またその他、稀に下記のような重篤な副作用が起こるがあります。

  • アナフィラキシーショック

…呼吸困難、痙攣、全身赤くなる

  • 肝機能障害

…全身のだるさ、食欲不振、黄疸

  • 血小板減少、汎血球減少、白血球減少などの血液疾患

…全身のだるさ、歯茎からの出血、鼻血

  • 皮膚粘膜眼症候群などの皮膚疾患

…皮膚に水ぶくれや赤い発疹ができる、眼が充血する

  • 大腸炎

…下痢、下血、下腹部痛

  • QT延長などの心疾患
  • 急性腎障害 など

服用後にこれらの副作用が起こった場合、またこれら以外でも気になる症状が出た場合は、服用を中止し病院で診てもらってください。

クラリスの飲み方

●一般感染症の治療として服用する場合

1日当たり400mgを2回に分けて経口服用
通常1回200mgを朝と夜などに分け、水で飲みます。
クラミジアの治療として使う場合は、原則としてこれを14日間続けます。

●非結核性抗酸菌症の治療として服用する場合

1日当たり800mgを2回に分けて経口服用
通常1回400mgを朝と夜などに分け、水で飲みます。

●ヘリコバクター・ピロリ感染症(ピロリ菌)の除菌治療として服用する場合

1回200mg※を1日に2回経口服用
※クラリスだけの用量です。
ピロリ菌の除菌治療として使う場合、クラリス単独での服用は有効ではありません。
プロトンポンプ阻害剤10mgとアモキシシリン水和物750mgと一緒に経口服用します。
その際のクラリスの用量です。

クラリスの注意点

ジスロマックよりも相互作用を起こしやすいため薬の飲み合わせには注意が必要です。

併用禁忌

下記はクラリスとの併用すると作用を強める恐れがあり、一緒に飲むことはできません。

  • アドシルカなど肺高血圧の薬
  • スボレキサントなど不妊症の治療薬
  • イムブルビカ、ベネクレクスタなどの抗がん剤

その他、クラリスと一緒に飲むことによる重い副作用が懸念される薬の例です。

  • 統合失調症の治療薬(オーラップなど)

 心臓に重い副作用が引き起こされる可能性ありがあり

  • 「エルゴタミン」という成分が含まれている薬(クリアミン、ジヒデルゴット等)

 血管攣縮(血管が異常に収縮すること)などの副作用が引き起こされる可能性あり

  • その他心疾患や血液疾患系の薬、頭痛薬など

また、肝臓や腎臓に障害があり、痛風の薬「コルヒチン」を服用している人もクラリスは飲めません。

併用注意

クラリスと一緒に飲む際に注意が必要な薬の例です。

  • ジゴシンなどの強心剤

 吐き気・嘔吐、不整脈などが起こる可能性があります。

  • グリベンクラミドなどの糖尿病の治療薬

 低血糖による意識障害が起こる可能性があります。

  • ワーファリンなどの血栓症の薬

 作用を強める可能性があります。

  • リピトールなど血液中のコレステロールを減らす薬
  • アダラートなどの高血圧の治療薬

 上記2つはクラリスとの併用により血中濃度が上昇する可能性があります。

その他

クラリスは上記にあげた以外にも飲み合わせには注意が必要な薬です。
また、次の場合にも気をつけてください。

●過去にクラリスにより過敏症を起こした経験がある場合

 この場合はクラリスを服用しないでください。

●妊娠中や妊娠の可能性がある場合、授乳中

 マクロライド系抗生物質であるクラリスは妊娠中も服用は可能な場合がありますが、医師や薬剤師に相談が必要です。

●持病がある場合

 とくに心疾患、肝機能障害、腎機能障害、低カリウム血症がある場合は服用前に必ず医師や薬剤師に相談してください。

●稀に起こる重い副作用について

 ごく稀に意識障害やアナフィラキシーショックなど重い副作用が起こります。
 車の運転や高所での作業など、危険を伴うことをする場合は注意が必要です。

 

クラリスの入手方法

クラリスは医師が必要と判断すれば病院で処方してもらますが、オンライン通販でも購入可能です。
薬のオンライン通販は、海外の薬を「個人輸入」する形になります。
個人輸入は代行サイトを利用すれば普通のオンラインショッピングと変わらないので、案外気軽に利用できます。

クラリスが必要な時に病院へ行くべきか、通販を利用すべきか考えるためにそれぞれのメリット・デメリットを整理してみましょう。

病院処方

【病院処方のメリット】

  • 医者に診てもらえる
  • 医者が自分に必要な薬はどの薬か判断してもらえる
  • 病気が発覚すればすぐに治療を始められる

【病院処方のデメリット】

  • 医者にプライベートな話をする必要がある
  • 費用が高い
  • 病院へ行く時間を作らなくてはならない

医師による正確な診断は大きなメリットです。
しかし医師と話すことをメリットととらえない人もいます。
とくに性感染症などプライベートゾーンの話はしづらいという人は多いです。

また、病院は症状が出ている場合は保険が使えるので安くすみます。
症状がないものの検査だけしたい場合は自己負担になる可能性があることも覚えておきましょう。

通販(個人輸入)

【通販(個人輸入)のメリット】

  • 誰にも知られずに薬を購入できる
  • 薬を安く買える
  • 24時間いつでも注文できる

【通販(個人輸入)のデメリット】

  • 薬が届くまでに時間がかかる
  • 薬で何かあったとしても自己責任になる
  • 薬について自分でよく調べる必要がある

ここで薬の通販について追加で少し補足です。
日本の処方薬を通販で購入することはできませんが、海外の薬を個人輸入という形で購入することは認められています。
その際に「個人輸入代行サイト」を使います。
海外で売られている薬を私たちの代わりに輸入して送ってくれるサイトです。
「個人が使用する目的」で「一定の量まで」という2つのルールがあります。
それさえ守れば日本で処方される薬と同じ有効成分の薬を安く簡単に購入できるのです。

ただし、デメリットにあるように薬によって何かあったとしても自己責任になります。
一般的に処方される薬であっても、自分が服用する薬についてよく調べることは悪いことではないのではないでしょうか。
薬の作用・副作用・飲み合わせについて十分調べた上で通販を利用するのはオススメです。

クラリスのジェネリック

ジェネリック医薬品とは先発薬と有効成分・効果が同じなのに安く買える薬です。
クラリスにもジェネリック医薬品があります。
しかし比較的ジェネリック医薬品の種類が少ないです。
最後に通販で購入できる貴重なクラリスのジェネリック医薬品をご紹介します。

ゾクラー

ゾクラーはインドのシプラ社が開発したクラリスのジェネリック医薬品です。
白い楕円形の錠剤という形状でパッケージされています。

お薬なびで250mgと500mgの2種類が販売されています。

【用量と販売価格】

250mg×12錠タイプ:1箱2700円
250mg×20錠タイプ:1箱4050円
250mg×40錠タイプ:1箱7200円

500mg×8錠タイプ:1箱2700円
500mg×16錠タイプ:1箱4860円
500mg×24錠タイプ:1箱6480円