• TOP
  • 男性は激痛、女性は症状なし?「淋病」の特徴と通販できる治療薬

男性は激痛、女性は症状なし?「淋病」の特徴と通販できる治療薬

淋病とは

淋病(淋菌感染症)は淋菌という細菌に感染することで発症する性感染症です。
男性は激しく痛み膿が出るなどわかりやすい症状が出る一方、女性は自覚症状がないケースが多数と、性器に出る症状に男女差があります。
治療せず放置すると様々な病気や不妊の原因になるこことがあるので注意が必要です。
性器のほか、のどにも感染します。

なお、淋病に感染した人のうち20-30%はクラミジアに同時感染しているというデータがあります。

淋病の感染と発症まで

淋病の感染ルート

淋病は性行為で感染します。
感染経路となる性行為はセックスだけではありません。
フェラチオやクンニリングスといったオーラルセックスによって性器から口(のど)、口から性器に感染、アナルセックスでは肛門にも感染します。

性行為1回あたりの感染率は高く、約30%と言われています。
コンドーム着用による予防はある程度期待できますが、近年着用せずにするオーラルセックスが一般化し、それにより口から感染するケースが増加中です。

その他、母親が感染したまま出産すれば、赤ちゃんに母子感染する可能性があります。

淋病は感染してから発症するまで

男性の場合、性器から淋病に感染すると、2~9日程度潜伏期間(発症するまでの症状がない期間)を経たあとに、尿道炎として発症します。

  • 排尿時や勃起時の激しい痛み
  • 尿道からは白~黄色みがかった粘り気のある分泌物(膿)が出る

この2つが典型的な症状です。
クラミジアと症状が似ているものの、淋病のほうが激しい症状が出ます。
しかし男性でも自覚症状が出ず、気づかずに放置してしまうケースもあります。

女性の場合、性器から淋病に感染すると子宮頚管炎を起こしますが、数週間~数か月にわたり無症状であることが多いです。
気が付かないことが多いため、潜伏期間もはっきりとはわかっていません。
気づかずに放置してしまい、より深刻な病気へ発展してしまうことがあるため注意が必要です。

のどに感染した場合は男女ともに自覚症状に乏しく気づきにくいため、口から感染を広げてしまうことが多いという状況です。

淋病は放置すると

男性の場合、淋病を治療せず放置すれば前立腺炎や精巣上体炎に発展することがあります。
そうなると前立腺や陰嚢の腫れや痛みが出る、発熱するなどが起こり、無精子症になる可能性もあります。

女性の場合、進行すれば子宮内膜炎や卵管炎などに発展し、それが原因で不妊症や子宮外妊娠を引き起こすことがあります。
また、前述のとおり感染した状態で出産すれば、出産の際赤ちゃんに感染する恐れがあります。
その場合、早期に治療しなければ赤ちゃんが失明する恐れもあります。

淋病の治療薬

淋病の治療には抗生物質が用いられます。
ここでは淋菌に有効とされている抗生物質で、通販でも購入可能な7種類の薬について簡単にご紹介します。

抗生物質は細菌の成長(増殖)を阻害して殺菌する物質です。
どのように阻害するかは種類によって違います。
紹介するのは下記のような働きをする薬です。
マクロライド系・テトラサイクリン系:細菌が増えるときに必要なタンパク合成を阻害する働き
ニューキノロン系:細胞が増えるときに必要な細菌のDNA複製を妨げる働き
ペニシリン系:なければ死滅する細胞の細胞壁の合成を阻害することにより殺菌

ただし、現在は抗生物質の多用などが原因で薬が効かなくなっている細菌、耐性菌が増えており、治療が難しい場合があります。
心配な方は医師に相談してください。

ジスロマック(アジスロマイシン)

ジスロマックはアメリカに本社を置くファイザーが開発したマクロライド系抗生物質の一種です。
体内に留まる時間が長いという特徴があります。
クラミジアの第一選択薬としても用いられる薬で、咽頭炎や扁桃炎、マイコプラズマなど様々な感染症に有効です。
淋病の治療薬としては、1回に2g服用する必要があります。

主成分および一般名はアジスロマイシンといい、ジェネリック医薬品が多数出ています。

クラビット(レボフロキサシン)

クラビットは日本の企業、第一三共により開発されたニューキノロン系の抗生物質です。
比較的副作用が少なく、婦人科・泌尿器科・皮膚科・呼吸器科・眼科・耳鼻科・歯科など多様な感染症に用いられます。

主成分・一般名をレボフロキサシンといい、複数の種類のジェネリック医薬品があります。

ミノマイシン(ミノサイクリン)

ミノサイクリンはテトラサイクリン系抗生物質の一種です。
60年代にアメリカの研究所によって作られ、現在はファイザー社が製造・販売しています。
皮膚科系・呼吸器系・耳鼻科系など広い範囲で使用される薬です。
ニキビの治療に処方されることも多いです。

主成分および一般名をミノサイクリンといい、ジェネリック医薬品が数種類あります。

クラリス(クラリスロマイシン)

クラリスは日本の大正製薬がつくった抗生物質です。
ジスロマックと同じくマクロライド系に分類されます。
このタイプは子供や妊婦も服用可能です。
マイコプラズマ肺炎や百日咳では第一選択として用いられています。
その他クラミジアなど性感染症・咽頭炎・中耳炎・副鼻腔炎といった感染症治療に広く使われています。

主成分および一般名をクラリスロマイシンといい、ジェネリック医薬品が通販でも購入可能です。

シプロキサン(シプロフロキサシン)

シプロキサンはドイツの製薬会社、バイエルが開発した抗生物質です。
クラビットと同じくニューキノロン系に分類されます。
皮膚科・呼吸器科、・泌尿器科・耳鼻咽喉科・眼科など広い範囲で感染症の治療薬として処方されています。
比較的副作用が少なく、病巣への移行がよいという特徴あります。

主成分・一般名をシプロフロキサシンといい、ジェネリック医薬品が出ています。

サワシリン(アモキシシリン)

サワシリンは現在のグラクソ・スミスクラインというイギリスに本社を置く製薬会社によって開発された抗生物質です。
ペニシリン系に分類される代表的な抗生物質で、梅毒の治療薬としても用いられます。
その他、皮膚・呼吸器・耳鼻咽喉・尿路など広い領域の感染症治療薬として処方される薬です。

主成分・一般名をアモキシシリンといい、ジェネリック医薬品が出ています。

ビクシリン(アンピシリン)

ビクシリンは前述のサワシリンと同じく、ペニシリン系抗生物質の一種です。
日本の企業Meiji Seikaファルマが開発しました。
皮膚科、呼吸器科、泌尿器科、婦人科、耳鼻科、眼科、歯科など広い領域の感染症治療薬として用いられています。

主成分・一般名をアンピシリンといい、ジェネリック医薬品があります。
経口薬と注射薬がありますが、通販では経口薬が購入可能です。

まとめ

淋病は一度発症したらもう感染しないということはなく、何度でも再発する病気です。
パートナーとともに完治させなければお互いに感染させ合ってしまいます。
新たな相手と性行為をする場合も、オーラルセックスで感染する可能性があるということを忘れず、予防を心がけていたいものです。
感染の疑いがある場合は、なるべく早く対処しましょう。

もし感染した場合、途中で症状が治まったように見えても薬は最後まで服用してください。
途中でやめると、淋菌が勢力をつけ完治しないということが珍しくありません。

淋病は古くから存在する性病です。
それゆえ耐性菌が増え、治療が難しくなってきました。
不安な点があれば医師への相談をおすすめします。