• TOP
  • おりものがヨーグルト状に?皮膚や膣/妊娠中のカンジダの症状と治療薬

おりものがヨーグルト状に?皮膚や膣/妊娠中のカンジダの症状と治療薬

カンジダ症とは

カンジダ症とは、カンジダ属の真菌(カビ)により発症する感染症です。 膣に起こることが多く、性器に発症するものは「性器カンジダ症」や「膣カンジダ症」と呼ばれています。

カンジダの菌は常在菌といって、常に膣や口内など体内に生息していますが、通常害はありません。
条件が揃うと異常増殖し、炎症を起こします。
性行為でも感染しますが、免疫機能の低下など性行為以外が原因で発症することも多い病気です。

カンジダ症の症状

カンジダは膣に起こるものというイメージが強いかもしれませんが、性器以外の皮膚や粘膜にも発症します。
体のどこに発症するかによって、症状に違いがあります。
また、条件によっては命にかかわる重篤な症状になることもあります。

皮膚や粘膜のカンジダ

カンジダが皮膚に出る場合は皮膚カンジダ症と呼ばれ、このような症状が出ます。

  • 赤や白の発疹が生じる
  • 激しいかゆみやヒリヒリ感を感じる
  • 患部が赤くなる、腫れる
  • 水ぶくれやただれができる

わきの下、女性の乳房の下部、鼠径部、手足の指の間など、高温多湿になりやすい部位はカンジダが発生しやすいです。
乳児の場合、おむつが当たる部分にカンジダ性おむつ皮膚炎と呼ばれる症状を発症することがあります。

口の粘膜に起こる場合は口腔カンジダ症と呼ばれ、このような症状が出ます。

  • 口内にぬぐうと取れる白苔ができる
  • 赤くなりヒリヒリする
  • 口角に亀裂やただれ、赤身が出る(カンジダ性口角炎)

粘膜は皮膚よりも免疫不全が原因になりやすいです。
健康な状態ではほとんど発症しません。

膣カンジダ

女性が膣カンジダを発症すると、このような症状が出ます。

  • ヨーグルトや酒粕、カッテージチーズのようなおりものが増加
  • 膣に激しいかゆみが生じる
  • 膣が炎症を起こし、発疹が出たり赤くなる
  • 排尿時に痛みが出る
  • 性交時に痛みが出る

膣カンジダの典型的な症状はおりものとかゆみです。
ヨーグルトのような多量のおりものが下着につくので、自分で気がつきやすいです。
膣のかゆさは熱いと感じるほどで、我慢できないほど強い症状が出ます。

性器のカンジダは女性の方が発症しやすいですが、男性にも感染します。
とくに包茎の男性は感染率が上がります。
男性が性器に発症すると、このような症状が出ます。

  • 亀頭や陰嚢に発疹ができる
  • 患部にヒリヒリ感やかゆみ、痛みが出る

重篤なカンジダ

ほとんどの場合、カンジダは命を脅かすような重い症状は出ません。
しかし特殊な条件が揃った場合、重篤な症状になることがあります。
「カンジダ血症」や「侵襲性カンジダ症」です。
カンジダ血症は病院で行う手術や治療をきっかけに血液の中に菌が入り感染します。
カンジダ血症を含む侵襲性カンジダ症は心臓の弁や脳、脾臓や腎臓、眼などに感染が広がり、合併症を起こします。
迅速に治療しなければ命を落とす可能性も少なくありません。

免疫機能が低下する糖尿病やがん、エイズの人、または妊婦などはこういった重篤な症状に発展することがあるのでとくに注意が必要です。

なお、hIV感染症の患者が食道にカンジダを発症することは、hIVがエイズに進行したと示す指標となっています。

妊娠中の影響

妊娠中の女性の体は赤ちゃんを守るため、免疫機能と膣の自浄作用機能が低下します。
そのため感染症にかかりやすくなります。
つまりカンジダも発症しやすいのです。

赤ちゃんへの影響

妊娠中に膣カンジダに感染しても、おなかの赤ちゃんへの影響はありません。

影響があるのは出産の際です。
産道を通ってくる赤ちゃんは出産の際に母子感染でカンジダに感染してしまう可能性があるのです。
赤ちゃんが感染すると、口腔内や皮膚にカンジダが発症することがあります。

母子感染予防のため、妊娠中のカンジダにはより注意が必要です。
もし感染してしまったら、出産までに完治させましょう。

ただし、生まれた後におむつの影響で起こるカンジダおむつ皮膚炎は母子感染とは関係ありません。
母子感染とは別ですが、おむつの交換頻度や吸水性などが原因で赤ちゃんにカンジダが発症することがあるので注意が必要です。

カンジダの感染ルート

カンジダの感染ルートは大きく分けて2つ、「性行為」と「自己感染」です。
性行為は文字通り性行為による感染です。
ただし、女性から男性に感染するケースは稀です。

自己感染は体にもともとあった菌が増殖することで発症します。
このような場合、菌が増殖するきっかけになります。

  • 過労やストレス、体調不良、ステロイドの使用などで体の免疫機能が低下している時
  • 妊娠中、生理前、ピルの影響などでホルモンバランスが変化し膣の免疫機能が低下している時
  • きつい下着や合成繊維など、通気性の悪い衣類が原因で蒸れている時
  • おむつや下着の交換不足

カンジダの治療薬

カンジダは治療薬を使い自分で治すことができます。
抗真菌薬と呼ばれる真菌(カビ)を殺菌する薬はカンジダの治療薬として知られています。
ここでは通販でも購入可能な5種類のカンジダ治療薬について、簡単にご紹介します。

ジフルカン(フルコナゾール)

ジフルカンはアゾール系という真菌の発育を抑えて殺菌作用を示すタイプの抗真菌薬のひとつです。
比較的副作用が少なく、吸収がよい薬です。
一般名をフルコナゾールといいます。
カンジダの内服薬の治療薬として代表的な薬で、剤形はカプセル剤、ドライシロップ、注射液があります。

アメリカに本社を置くファイザー社が先発薬を販売しています。
その他、複数の種類のジェネリック医薬品が販売されており、通販でも購入できます。
ベストケンコーではタブレット剤の50㎎×20錠タイプが1箱3547円で購入できます。

ニゾラルクリーム(ニゾラルクリーム)

二ゾラルクリームはアゾール系抗真菌薬の塗り薬です。
真菌(カビ)を殺菌する作用があるため、カンジダの他に水虫、いんきんたむし、癜風といった真菌が原因の感染症に用いられています。

先発薬はベルギーに本社を置くヤンセンファーマ社が製造しています。
その他にもいくつかのジェネリック医薬品は通販で購入可能です。
なお「ニゾラールクリーム」と呼ばれることもありますが、これらは同一商品です。

ライフパートナーでは30㎎タイプが1本2250円、2本パックでは1本当たり2025円で買えます。

ラミシールクリーム(テルビナフィン)

ラミシールクリームはアリルアミン系という真菌の増殖を抑え抗菌作用を示すタイプの抗真菌薬です。
一般名をテルビナフィンといいます。
こちらはとくに白癬菌に強い抗菌作用を示す薬で、水虫やいんきんたむしなどに使われることが多い薬です。
スイスに本社を置く現在のノバルティス社が開発しました。
塗り薬のほか、飲み薬も製造されています。

ジェネリック医薬品が数種類出ています。
ライフパートナーでラミシールクリームは1本30gタイプが1980円で購入可能です。

ルリコンクリーム(ルリコナゾール)

ルリコンクリームはアゾール系の抗真菌薬の塗り薬です。
一般名をルリコナゾールといいます。
カンジダのほか、水虫、いんきんたむし、癜風の治療などにも用いられます。
アゾール系の抗真菌薬は効き目がよく比較的救作用が少ないと言われていますが、ルリコナゾールはとくに抗真菌活性が強いとされています。
剤形は液剤と軟膏タイプもありますが、使いやすいクリームタイプがおすすめです。

先発薬はインドに本社を置くサンファーマ社が製造しています。
ジェネリック医薬品は通販でも購入可能です。
お薬なびでは1本10gタイプが1540円、30gタイプが2160円で購入できます。

エンペシド(クロトリマゾール)

エンぺシドはアゾール系の抗真菌薬のひとつです。
一般名をクロトリマゾールといいます。
先発薬はドイツのバイエル社が製造しています。
アゾール系の抗真菌薬なので効き目がよく、比較的刺激感などの副作用も少ないため多くの人に選ばれています。
水虫・いんきんたむし・癜風などにも用いられます。
剤形はクリームのほかに、膣錠、外用液、口腔カンジダ症用のトローチがあります。

ジェネリック医薬品は通販で購入可能です。
お薬なびでは30gタイプが1本2080円で購入できます。

カンジダ治療薬には様々な剤形がありますが、塗り薬の場合はクリームがおすすめです。
とくに膣カンジダの場合患部が湿潤しているので、クリームが使いやすいでしょう。

まとめ

女性はとくに発症しやすいカンジダ。
60代までの女性のうち約20%は感染した経験があるというデータがあります。
予防としては真菌が好む高温多湿・不潔な環境を避けることが有効です。

  • きつい衣服や下着の着用はNG
  • 下着を清潔に保つ
  • 入浴後など濡れた後はよく乾かす
  • 生理用ナプキンの交換はこまめに
  • 女性器を石鹸で強く洗うのはNG

また、性行為ではコンドームを正しく使用することも100%安全というわけではありませんが有効です。
カンジダを発症している間は性行為は避けましょう。

感染したら放置せず、なるべく早めに治療することが大切です。
高温多湿に注意の上、患部を清潔にし薬を使ってください。