• TOP
  • 妊娠中は感染しやすい!?性病トリコモナスの症状と治療薬2つ

妊娠中は感染しやすい!?性病トリコモナスの症状と治療薬2つ

トリコモナスとは

トリコモナスは「トリコモナス原虫」という微生物が性器に入り込んで寄生し、炎症を起こす感染症です。
「トリコモナス症」や「膣トリコモナス症」と呼ばれています。
強烈な臭いを放つおりものの増加や猛烈なかゆみなど、女性に特徴的な症状が出る病気です。

主に性行為で感染しますが、まれにタオルや下着、便座や浴槽からも感染します。
そのため子供や性行為未経験の人も感染する可能性があります。
感染者は若年層だけでなく中高年層にも増加中です。

トリコモナスの症状

トリコモナスの症状には男女で大きく差があります。

潜伏期間は通常10日ほどですが、10日経過~6か月の間で症状が現れることもあります。

男性のトリコモナス

男性はトリコモナスに感染しても無症状であることがほとんどですが、尿道炎を起こし下記のような症状が出ることがあります。

  • 尿道から泡状で少量の分泌物が出る
  • 尿道にかゆみを感じる
  • 排尿時や射精時に軽い痛みを感じる

このような症状を感じるケースはまれなため感染に気がつきにくく、無自覚に感染を広げてしまうことがあります。
男性の場合トリコモナスを治療せずに放置すると、前立腺炎の原因になる可能性があります。

なお、男性は排尿で原虫が流され、それが予防になることが多いです。

女性のトリコモナス

女性の場合、膣から子宮頚管、膀胱や尿道で炎症を起こし、下記のような症状が出ます。

  • 強い悪臭を放つ泡状で黄白色~黄緑色のおりものの増加
  • 膣やその周辺に激しい痛みやかゆみが生じる
  • 性交時や排尿時に不快感やかゆみを感じる
  • 頻尿になる
  • 下腹部が痛む
  • 外陰部が赤く腫れる

おりものの臭いはよく「死んだ魚の臭い」に例えられます。
膣内や外陰部は「熱い」と感じるほど強い痛みやかゆみが出ます。

その一方で感染しても症状が出ない女性もいます。

妊娠とトリコモナス

トリコモナスは一度感染したら治療せず自然に完治することはありません。
症状が出なくても病気が進行し合併症を引き起こすことがあり、決して軽視はできません。
女性の場合、妊娠中はとくに注意する必要があります。

妊娠中は感染しやすい

妊娠中は2つの理由から、通常よりもトリコモナスに感染しやすくなります。

1.妊娠中は膣の自浄作用が低下する
外界と接している膣は菌の侵入を防ぐため、通常酸性に保たれています。
これを自浄作用といいますが、妊娠中はこの自浄作用が低下するため、感染症にかかりやすくなります。

2.妊娠中は免疫力が低下する
妊娠中は赤ちゃんを「異物」とみなし攻撃しないよう、体が免疫機能を抑えるようになります。
そのため菌やウイルスが原因の感染症に対する抵抗力が弱まるのです。
性感染症だけでなく、風邪やインフルエンザなど、様々な感染症に通常よりもかかりやすくなります。

妊娠中はセックスの際コンドームを使用する、タオルや便器などからの感染にも注意するなど、予防をより心がけましょう。

流産や早産のリスク

トリコモナスは流産や早産の原因になることがあります。

女性のトリコモナスは症状が目立つため治療されることが多いですが、症状が出ないこともあります。
感染者の女性のうち、20~50%は自覚症状が出ません。
感染したことに気づかず、知らない間に進行してしまうこともあるので注意が必要です。

治療しなければ膣・子宮頚管の炎症が卵管にまで広がり、流産や早産、不妊症の原因になります。
とくに妊娠中の感染は細菌性膣症や、胎児を包む膜に炎症を起こす「絨毛膜羊膜炎」の原因にもなります。
絨毛膜羊膜炎は早産を引き起こす大きなリスクです。
できるだけ早期に対応しましょう。

治療は赤ちゃんに配慮しながら

妊娠中にトリコモナスの感染がわかったら、流産や早産を防ぎ赤ちゃんが十分お腹の中で成長できるよう、適切な対応が必要になります。
妊婦さんの治療では一般的に膣に挿入する膣錠(膣座薬)タイプの薬を使用します。
経口薬は赤ちゃんへの影響が懸念されるため、妊娠中の服用はできる限り避けましょう。
とくに妊娠12週未満の妊娠初期に経口薬は避けてください。

治療は10日間ほどで完了します。
しかしパートナーとピンポン感染をしてしまえば意味がありません。
治療の際はパートナーも一緒に治療し、再発を予防しましょう。

トリコモナスの治療薬

トリコモナスの治療は「抗原虫薬」という原虫感染症の治療薬が用いられます。

抗原虫薬で、昔からトリコモナスの特効薬として使われてきた「フラジール」と「ファシジン」について簡単にご紹介します。
この2種類の治療薬は、通販でも購入可能です。

フラジール(メトロニダゾール)

フラジールはトリコモナス治療薬として開発された薬です。
シオノギと富士製薬がそれぞれ先発薬を製造しており、経口薬と膣に挿入して使う膣座薬があります。

フラジールの一般名は「メトロニダゾール」といい、ジェネリック医薬品があります。
通販では経口薬が購入可能です。
お薬なびでは500㎎×20タイプが1箱2250で購入できます。
その他、60錠6080円、100錠9000円で通販可能です。

ファシジン(チニダゾール)

ファシジンはファイザーが製造しているトリコモナス治療薬です。
トリコモナス原虫を死滅させる働きがあります。
通常トリコモナスの治療薬として用いられますが、アメーバ赤痢などにも有効です。
こちらも経口薬と膣座薬があります。

ジェネリック医薬品の経口薬が通販でも購入可能です。
お薬なびでは500㎎×100錠タイプが1箱4750円で買えます。

なお、治療薬の服用中は薬が影響し悪酔いしてしまうため、お酒はNGです。

まとめ

おりものが増える性病はクラミジアや淋病、カンジダなどがあります。
しかし腐った魚の臭いを伴い泡状で黄緑色のおりものが増加している場合、トリコモナスである可能性が高いです。
一度感染すると自然治癒はしないので、もしも感染した場合はしっかり治療しましょう。
感染しやすくなる妊娠中はとくに注意が必要です。

予防としてはこのようなことが考えられます。

  • コンドームの正しい使用
  • 不特定多数の相手と性行為をしない
  • タオルや下着の共有を避ける

また、パートナーも一緒に治療することも予防のひとつです。
男性はとくに無症状であることがほとんどですが、パートナーの感染がわかったときは一緒に治療しましょう。